リンク広告

DTM ギター

WAVESの「GTR3」について色々調べてみた&感想・レビュー【アンプシミュレーター】

更新日:

今回のアンプシミュレータ―はWAVES(ウェイブス)のGTR3

いつもと違うのは、調べてみた&感想・レビューでもあります

つまりは、私がWAVESの「GTR3」を所持してるって事ですね。

 

WAVESはDTM界隈ではめちゃんこ有名。

ミキシング・マスタリングに欠かせない高品質なプラグインを沢山出してます。

私のGTR3も、ミキシング・マスタリング用に購入したWAVESのバンドル製品(パックみたいな感じ)に付属していた物ですね。

何故、最近までアンプシミュレーターに、まったく興味が無かったかと言いますと、「GTR3」持ってたからなんです。

そうなんです…。

ズバリいっちゃいますけど、GTR3は使えます!

オマケ商品じゃないんだよ!オマケ品じゃぁ!という事なんですよ(誰もそんなこと言ってない)

スポンサーリンク

レクタングル

GTR SoloとGTR3

WAVESのGTRにはGTR SoloGTR3の2種類があります。

機能自体に大きな違いはないですね。

Soloだと下の部分にSoloって書いてあります。

スタンドアロン機能が付いてますので、気軽に使用できていいですねー。

GTR3は多機能ではなく、とてもシンプルに感じます。

アンプの裏側いじれたりしませんし、録音機能やメトロノームもありません。

他のアンプシミュレーターと比べて、動作は軽めになってます。

cubaseの画面ですが、このように「アンプだけ!エフェクターだけ!モノラル!ステレオ!」と好みによって起動できます。

トラックに合わせて必要最低限にして使うことができますので、動作が快適になり、管理もしやすくなります。

別でチューナーだけ出すことも出来ますよ。

デモ版

最初に言いましたが、GTR SoloとGTR3、機能はほぼ一緒です。

違いは、入ってるアンプ・キャビネット・エフェクターの量です。

こちらも無料で使えるデモ版があります。

両製品のデモ版があります。

これは嬉しい!

WAVESにアカウント作成してログインすればダウンロード可能です。

7日間使用できます。

最初に貼った公式ページと同じですが、そこにある「GET DEMO」から登録すると簡単です。

他にも沢山のWAVESプラグインが試せますので、興味のある方はどうぞ。

 

GTR Solo

  • アンプ10台、キャビネット10台と、コンパクト・エフェクター13個収録。

この上の文は、日本の代理店から引っ張って来たんですけど、GTR SoloとGTR3の書き方が全然違うんですよね。

意味があるかもしれないんで、そのままにしておきました。

先にも言いましたが、アンプなどの入ってる量が違うので、GTR SoloはGTR3に比べて少ないですね。

GTR3

  • 19種類のギターアンプ、7種類のベースアンプ、22種類のキャビネット、26種類のストンプ

ストンプというのはエフェクターの事。(なんでSoloと書き方ちゃうんや…)

GTR3になるとベースアンプシミュレーターも入ってきます。

GTRシリーズにはアコースティックシミュレーターは無いですね。

アコースティックシミュレーターが必要な方は、この時点で選択肢から外れてしまいます。

 

正直ヴォリュームとしてはそんなに多くないので、GTR Soloを買うならGTR3を買った方がいいかなって思いますね。

 

使用感

UI(ユーザーインターフェイス)って言うんですかね…とにかく使用画面です。

全部使えるツールラックというのを使用してます。

エフェクター画面ですね。

下の真ん中の「STOMP・AMP・TUNER・PRESET」で切り替えます。下の方にある矢印をクリックするか、空のボックスの部分で右クリックするとエフェクター一覧が出てきます。

上にまだ出てますがバッサリカット!(いや、そこは見せろよ)

アンプの画面ですね。い、いや…ア、アンプのUIですねー…。(UIの使い方わかんねーなら使うなよ)

ステレオになってるんで二つ並んでます。

チューナーですね。ヘルツもいじれますし、色んなチューニングに対応してますね。

プリセット画面です。

この他のページにも、クリーン・ドライブ・ベースプリセットなど、沢山入ってますので、お気に入りのプリセットが見つかるかもしれませんね。

モノラルでアンプだけ立ち上げるとこんな画面になります。

分かりやすい!

間違って変なとこ押して変な画面になったりしない。(変な画面なんか無い)

最初は単独の画面で、音の違いなどに慣れていくのもいいかもしれませんね。

どうでもいいことなんですけど、全体的にアンプの見た目がカッコ悪いなって感じます…。

端折りすぎ感がありますが、全部細かく説明してたら、日が何度も昇り繰り返してしまいますので、ご自身でデモを使ってください。(丸投げ)

 

まとめ

GTR3はシンプルなんで、機能的にも話す事があまりないので、今回は内容が少なく感じますね。

音に関してなんですが、これはどんなアンプシミュレーターにも言える事ですけど、

全体的に音にフィルターがかかってるといいますか、どの音も似たようなニュアンスが出るんですよね。

GTR3はそれが強めに出てる感じがします。

似たニュアンスが出る系統の音が多いなと。

ピッキングした時に、独特な感じがします。

 

あと、プリセット聞いてもらえばわかるんですけど、割と明るめなんですよね、音の作りが。

いい意味で軽めといえば軽めです。

フィルターというか、そうなる感じに作ってあるのかなって印象がしてます。

これはいい意味ですからね。

BOSSの音聞いたらBOSSだなぁーみたいな、そういう何かがGTR3は他より色濃く出てるって事です。

これは好みなんで、ぜひ使ってみてください。

なんかバシっと言えなくてレビューっぽくならなかったな…。

ちなみに、サウンドハウスでGTR3がお安くなってます。

お得なバンドル品

単体でも売っていますが、WAVESバンドル品(パックみたいな感じ)の中に「GTR3」が付属されています。

シルバーより上のグレードに(ゴールド・プラチナ・ダイヤモンド・ホライズン…etc)に「GTR3」が付属されていますね。

単品でGTR3を購入するよりお得になってます。

ミキシング・マスタリングの王道ソフトですので、バンドル品の購入もオススメですよ!

Amplitube4BIAS Ampの記事もありますので、ご参考にしてください。

レクタングル

レクタングル

関連

リンク

-DTM, ギター
-,

Copyright© ぷよん家 , 2019 All Rights Reserved.