リンク広告

ももクロ ライブ感想・レポ

【バレイベ2018】『ももいろクローバーZももクロくらぶxoxoバレンタインDE NIGHTだぁ~Z』「裏」感想・レポ

更新日:

今回は、2018年2月10日(土)に横浜アリーナで行われた『ニッポン放送ももいろクローバーZももクロくらぶxoxoバレンタインDE NIGHTだぁ~Z』「裏」の感想・レポを書きます。

「裏」は現地に行くことが出来ましたので、会場からの感想になります。

因みに席はスタンド後方でした。

さくっと書いていきます。(そう言いながら長い)

では、感想いくんだ~Z!

↓表の感想はこちら!

スポンサーリンク

レクタングル

『ももいろクローバーZももクロくらぶxoxoバレンタインDE NIGHTだぁ~Z』「裏」セットリスト

時代劇的なナレーションOP
1.行くぜっ!怪盗少女
自己紹介ー垣花アナ登場ー
即興ドラマ:佐々木彩夏・高城れに/町娘の姉妹役
2.Ring The Bell
裏トークラジオ:佐々木彩夏・高城れに/ももクロ的妄想姉妹
即興ドラマ:百田夏菜子・玉井詩織/くのいち役
3.あーりんは反抗期
MC佐々木彩夏・高城れに・垣花アナ
裏トークラジオ:百田夏菜子・玉井詩織/ももクロ的妄想忍者トーク
即興ドラマ:ももクロ/お布団で古今東西
4.津軽半島龍飛崎
即興ドラマ:ももクロ・ナイツ(ゲスト)/嫁探し
MC:垣花アナによる「ももクロくらぶxoxo2018 秘密の部屋」の紹介
overture
5.サラバ、愛しき悲しみたちよ
6.CONTRADICTION
MC
7.堂々平和宣言
8.Chai Maxx
9.労働讃歌
MC
10.青春賦

アンコール

11.猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
MC
12.Link Link
挨拶
ENDING映像

スポンサーリンク

レクタングル

オープニング

開演時間になり、会場の照明が落ちて時代劇的なナレーションのオ―プニング映像が始まる。
何を言っているかよくわからなかったが「ももクロ4人初の新しい幕開けを見ろや!」みたいな事を言っていた。

行くぜっ!怪盗少女

「一曲目に怪盗やるんじゃないかな?」と思っていた方は多いはず。
いきなりハートを盗みに来ましたぜ!旦那!
懸念していたメンバーの名前の部分は「れに、かなこ、しおり、ささき、あやか」に。
「ファ!?」である。
いや「ファーーー!!?」かな。(どっちでもいいんだよ)
会場中のどよめきと笑いが最高だった。
推しのフルネームを呼べるコールは貴重だ!
これから全力で叫ばしてもらうことにしよう。

Twitterであーりんが正式に「3番」になった事が分かっていた。
イメージトレーニングの甲斐あって、見事「3」でジャンプ出来た事をここに報告しておこう。(その報告いらねーよ)
ダンスが変わっていたが、空気に飲まれて私は殆ど気が付かなかった…。(あほ)

即興ドラマ:佐々木彩夏・高城れに/町娘の姉妹役

町娘の衣装であーりんとれにちゃんが登場。
かわいい。とにかくかわいい。

どっちが看板娘に相応しいか!という内容で対決していた。
叩いてかぶってジャンケンポン・腕相撲・ロシアン団子・スイカ割りで対決。
腕相撲で、れにちゃんの「折れた腕」を何度もネタにするのには笑った。
利き腕対決はあーりんの勝利だったが、左利きの対決ではれにちゃんの折れた腕の方が強かった。
「一回折れて免疫力付いたんだよ!」というセリフが意味不明で面白い。
なんの免疫力だよ!とツッコミたくなる。

ロシアン団子で初めから見えていたわさびを「ずんだ」に言い換えるセンスも流石やで!

スイカ割りの後方スタンドの空気感は異常。

Ring The Bell

生で始めて聴いた。
やっぱ生で聴くといいですね。(ゴミみたいな感想やめろや)

裏トークラジオ:佐々木彩夏・高城れに/ももくろ的妄想姉妹

もし兄弟が出来るならどれが欲しいかというトーク。
あーりんは弟が欲しくて、れにちゃんがお姉ちゃんが欲しらしいです。
れにちゃんの理由が「双子コーデ」がしたいからと。
ほーほー、なるほど。
だからあーりんとれにちゃんで定期的に双子コーデしてるわけね。(そういうわけじゃないだろ)

即興ドラマ:百田夏菜子・玉井詩織/くのいち役

『佐々木城』に古文書を盗みに行くという設定。
古文書が入っているであろう箱を開けていくと、指令が書かれていて、それを何故か律義にこなして行くという謎コント。
夏菜子ちゃんが箱に書かれた「漆」の文字を「ひざ」と読んだのは最高だった。
本当に夏菜子ちゃんからは、色んな意味で「天性的な何か」を定期的に感じる。

お互いのイラっとした時を発表という指令で、夏菜子ちゃんが「ゴキブリのおもちゃを投げてきた」「私がストレッチしてる間近でストレッチしてくる」と2つ言った後、
しおりんは?の問いに「私は無いです!」ときっぱり言った百田愛を出す男前のしおりんが可愛かったよね。
ももたまいは健在やで!
古文書があるのが『佐々木城』では無く『代々木城』だったというオチにしおりんがツッコミ。
会場中に苦笑いが響き渡った。

あーりんは反抗期

後方のミニステージにあーりん登場。
会場中が反抗的なピンクに染まった。

曲が終わった後、れにちゃんと垣花アナが現れ、ミニステージでトークしていた。
ただ「そのステージに3人は狭過ぎるだろ!」と全員がツッコミたくなる程の狭さだった。
垣花アナが何気なく下に降りていた事を報告しておこう。(気が利くね)

裏トークラジオ:百田夏菜子・玉井詩織/ももくろ的妄想忍者トーク

くのいちになってどこに忍び込みたいか、みたいな内容だったと思う。
ここでも夏菜子ちゃんが「フェンス」の事を言いたいのに「敷居」と言って会場を沸かせた。
挙句、散々「くのいち」の話をしていたのに、塀を越える話になったら「え?それやるのは忍者でしょ?」である。
笑わずにはいられない。
夏菜子ちゃんグッジョブやで!

即興ドラマ:ももクロ/お布団で古今東西

お布団のセットを見て、最初の子供祭りを思い出した。
上から落ちてきたヘビのおもちゃに対してあーりんが言い放つ「きっしょ」がいいよね。
あの突然出るパリピみたいなキャラ好きだわ。

自分の「チャームポイント」のお題に、れにちゃんが「歯茎」「面長」の答えが可愛いかったなぁ。
そこチャームポイントやったんやなぁ…。(やめとけよ)

山手線ゲームで答えを出す前に「いや、もうわかんないよ、ちょっと待って、えーと、上の方がアレだから…」と喋るあーりんも面白かった。
その時点でアウトやろ!判定甘すぎィ!

津軽半島龍飛崎

この曲も生で聴くのは初めてかな?
なんだかめちゃくちゃ久しぶりに聴いたけど、凄く沁みました。
れにちゃんの年齢が上がってきてるから演歌に説得力が出てきてるのか…も?

即興ドラマ:ももクロ・ナイツ(ゲスト)/嫁探し

ゲストに漫才師ナイツが登場。
誰が上手に塙さんにツッコミが出来るのか対決。

ここの【MVP】はやはり「コクチコクチコミック(コロコロコミック)」の読み間違いのボケに対して「知らねぇよ!」という夏菜子ちゃんのツッコミね。
爆笑でした。
ホントに知らないからこそ出たツッコミ!
これ、ツッコミで「訂正する」という趣旨も忘れてる一言よね。

しおりんのスーパーサブで培った優秀さも垣間見れた。
ただ「福笑い」だけは謎としかいいようがない企画だった。(突然のディス)

特に意味はないが、れにちゃんが下ネタで爆笑していた事も書いておこう。(なんでだよ)

MC:垣花アナによる「ももクロくらぶxoxo2018 秘密の部屋」の紹介

最新のももクロくらぶの本の宣伝。

バレイベ限定の表紙の『秘密の部屋』が売られていた。


【Amazon.co.jp限定】オリジナルカバー&生写真付き ももクロくらぶxoxo2018 秘密の部屋(CD付き)

overture

オーバーチュアはどうしていいか分かんないから「れに、かなこ、オロオロ…(周りの様子を伺う)行くぜ、ももいろクローバー!」でした。
どう固まるのかな。
綺麗に決めたいのは分かるけど「れに、かなこ、しおり、あーりん、自由、行くぜ、ももいろクローバー!」でもいい気がしたけどね。(自由!って叫ぶって意味じゃないよ)
そのうち、うまく固めてくれる気がしてます。(人任せかよ)

サラバ、愛しき悲しみたちよ

始まりから違う!フリが生まれ変わってる!
新たな4人に鳥肌立った。
やっぱりパワー凄いよ。
うまく言えないけどほとばしるエネルギーを感じた。
凄く好きだった中間の時間差ダンスの部分が無くなってたけど、しょうがないね。(↓そこから再生されます)

CONTRADICTION

続いて往年の熱いナンバー。
投票でも上位に確実に食い込んでくる曲って言ってたぜ!
パンツも食い込むぜ!(くだらねぇよ)
汗出るぜ!

堂々平和宣言

場内を回りながらの堂々平和宣言だYO。
ここの「5」は全員で言ってたそうですYO!
テンダー⤴

Chai Maxx

なんだか久々な気がしたチャイマ!
相変わらず周りの「せーの!」の声で、あーりんの「せーの!」が聞こえないけど気にしないぜ!
汗出るぜ!(曲の感想クソすぎるだろ)

労働讃歌

働きたくないけど、自分を騙して思いっきり盛り上がるぜ!
間奏の杏果のソロダンスのパートはしおりんが担当。
汗出るぜ!(こいつしつこいな)

青春賦

しおりんが曲紹介の前に、小さめの声にしてバラードやる雰囲気作った流れで「夏菜子ちゃんもうちょっとこっち…」と立ち位置を指示。
ホント面白いよね。
こういうとこでも見たことないもの見せてくれるわー。

今まで聞いた中で一番感動した青春賦だったかもしれない。
なんかグッときました。
ここの中間のセリフは、最後の部分を5人で言ってましたね。(誰が何処を言ってたかは覚えてない)

猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」

アンコールからの猛烈!
れにちゃんが、杏果のパートだった「星の子どもが 君を守り続けるよ」を歌うとこで「れにちゃん頑張れ!」ってなるよ。
なんかあそこめっちゃくちゃ良くて一瞬れにちゃん推しになっちゃう。
中間のクルクル回ることもダンスが入ってたなぁ。
猛烈に新鮮でした。

Link Link

最後は会場を回りながらのリンクリンク。
別にいいんですけど、なんだかリンクリンク凄い推してくるよね。
カメラが最後の決めポーズの「A」を見せた後に「夏菜子ちゃん・しおりん・あーりん」3人のアップに。
れにちゃんもすぐ下でポーズ取ってるんだから入れてあげてよって思ったよ。(細かいな)

階段沢山あるんだから一つの階段で全員昇らないで、他の階段使えよ的なわちゃわちゃして終了。

ゆーみんの曲と共にエンディング映像へ。

おしまい。

外に出たらパラパラと雨が降っていた。

スポンサーリンク

レクタングル

まとめ

4人のももクロ最高でした。

ももクロに不安を感じる事は無かったんですけど、どうなるのかな、どう映るかなと、自分自身の感情が結構不安でしたが、始まってみれば「流石」としか言いようが無い。

どこか「もやもや」してた気持ちをぶっ飛ばしてくれましたね。(どんなもやもやかは言い表せないけど)

ダンスが新しくなってて感動しました。

振り付けの方も「ゆみ先生」から「杏奈先生」に変わったようです。

正直、私自身ゆみ先生の振り付けが大好きでしたので、変わっていく事に悲しさも感じます。

ダンスに関しては「変える必要が無い」など、賛否両論あるかもしれませんが、私はそこに「ももクロ・ももクロ運営」の強い意気込みを感じました。

変える必要のない物を変える勇気・決意って凄くないですか?

そのままやれば誰も文句を言わないのは誰もが分かる事。

それをあえて変えてくるんです。

大きな革命や改革って、当たり前だった事を覆すとこから始まります。

新たに変わろうとする、そんな意気込みを見た気がします。

また一つ、違うステージに向かうチャンスでもあると思って、彼女達は動き出しているとさえ思いました。

逆に考えると、このままではいけないという不安の表れという風にも捉えられます。

今はまだその真ん中にいると思います。

どちらにせよ、そんな彼女達を見て私は「これからのももクロを見たい!」という気持ちが強くなりましたね。

バラエティ色の強いバレイベでも、その気迫・意気込みを充分に感じ取れるライブでした!

ということで、最後は偉そうに語ってしまいましたが、最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

これからの彼女たちの活躍が益々楽しみです!

最後に一言。

「裏」でもチョコくれよ!!!(自分で買えよ)

では、また!

レクタングル

レクタングル

関連

リンク

-ももクロ, ライブ感想・レポ

Copyright© ぷよん家 , 2019 All Rights Reserved.