リンク広告

ギター 書物 音楽

【教則本】宇田大志の『3年後、確実にジャズ・ギターが弾ける練習法』を読んだ感想・レビュー

更新日:

今回は、リットーミュージックから出版されています、
宇田大志のCD付教則本『3年後、確実にジャズ・ギターが弾ける練習法』について書きます。

教則本って書評になるのか…?という感じだったので、「?」付いてます。(自信持てよ)

ジャズギター練習して弾けるようになりたいなぁと思っていたので購入してみました。
結果的に、この教則本がとてもよかった!

3年練習した成果は報告出来ませんが、簡単にレビューしたいと思います。

無窮動トレーニングと合わせて練習すると効果的なのを実感しましたので、興味のある方はこちらの本のレビューもどうぞ。

スポンサーリンク

レクタングル

3年後、確実にジャズ・ギターが弾ける練習法

まず、このタイトルよくないですか?
いや、聞くまでもない!
このタイトルいいんですよ!!(何で聞いたんだよ)

私、嫌いなんです。
「スグできる!」「誰でも弾ける!」とか「簡単!」とかそういう文言が嫌いなんですよ。

「簡単にやれる事が出来なかった時の挫折感半端ねーだろ!」と。
」誰でも弾けるの弾けなかったら立ち直れねーだろ!」と。

まぁ、本を売りたいんで、売れそうなタイトル付けるのはしょがないんですけどね…。

全然関係ないんですけど、有名でもない癖に本人が表紙の教則本もクソ!(突然のディス)

自分を売り込みたいって欲望が出過ぎてて、手に取りたいとも思いません。
でもこの本は違う!(顔も表紙になし)

いきなりふるいに掛けてる訳ですよ。
甘くねーぞ!3年やれるんだったら買えよ!ジャズは簡単に弾けねぇんだぞ!と言わんばかりに。
本気の人間に買わせる本のタイトルなんですよ。(個人の解釈です)

だから、タイトルだけで買いですよね。(なんてちょろいんだ…)

宇田大志とは

レビューの前に、この教則本を書いている著者の宇田大志(うだたいし)さんの事に触れたいと思います。
どうやら、ユーチューバーらしいです。

「ジャズギター系ユーチューバー」ですね。(専門性が強いユーチューバーだ)

1986年9月21日生まれ。血液型はA型。
出身は岐阜。
音楽専門学校に通っていたそうです。
卒業後にJAZZに転向して、宮之上貴昭に師事。

第32回浅草ジャズ・コンテスト、ソロ・プレイヤー部門金賞受賞・2015年GIBSON JAZZ GUITAR CONTEST準グランプリという経歴の持ち主でもあります。

ユーチューバーでもありますが、音楽教室でギター講師としての活動もしているそうですよ。

宇田大志オフィシャルサイトはこちら

宇田大志のYouTubeチャンネルはこちら

宇田大志のTwitterはこちら

レッスン動画や、セッション動画、飲みながらただ語る動画もありますし、ライブ配信もしています。
ジャズギターがお好きな方や、これからジャズギター練習しようと思っている方には、とても為になる動画が沢山ありますよ。

特に飲みながら語る「飲みトーク」が面白いですね。
宇田大志さんのギターや音楽に対する色んな話が聞けますし、お薦め商品や練習の仕方などをラジオ感覚で聴けていいですよ。
人としては「明るくもないし、暗くもない」ので、視聴しやすいのではないかと思います。(余計なお世話)

内容

本の内容は以下の通りです。

◎ジャズの演奏について知ろう
◎指板上の音名を覚えよう!
◎ジャズで使われる基本コード・フォームを覚えよう!
◎コード・トーン・ハーモナイズで多彩なボイシングを覚えよう!
◎コードの成り立ちについて知ろう
◎ダイアトニック・コードについて知ろう
◎メジャー・スケールでアドリブを弾こう
◎オルタード・フレーズを弾いてみよう
◎コード・トーンを弾いてみよう
◎もっとコード・トーンを追求してみよう
◎モード・スケールを弾いてみよう
◎曲を分析しよう──1 ダイアトニック・コード編
◎曲を分析しよう──2 ノンダイアトニック・コード編
◎フレーズを覚えて実践で使ってみよう
◎テンション・コードの正しい覚え方と押さえ方
◎実践的な"コンピング"を学ぼう
◎イントロ&エンディングを作ってみよう
◎実際の曲に挑戦しよう
◎ジャム・セッションに参加してみよう

【収録曲】
・Autumn Leaves
・I'll Close My Eyes
・All Of Me
・Now's The Time

リットーミュージックより引用

基礎的なところから始まり、ジャズセッションに参加しようぜ!という所までが目標の一冊となってます。

感想・レビュー

この本を「真面目にコツコツ取り組めば」ジャズが弾けるようになると私は思います。
「真面目にコツコツ取り組めば」ですよ!(うっさ)

しっかり基礎が身に着く内容になっている一冊なのは間違いないです。
ちゃんと後半の方も基礎部分がしっかり紐づけされて説明されてます。

突然の丸投げや、この説明されてないんだけど…というのがほぼありません。
解説も分かりやすく、必要最小限にまとまっている印象を受けました。

ただ、理論に関しては、誰もが簡単に覚えられる様に簡潔に書いてある部分が多々あります。
もっと理由を突き詰めたい方には、別で理論の本が必要でしょうね。

コードの説明の「トップを意識したコードボイシング」なんかは、ちゃんと覚えて自分で動かすと楽しいです。
意識して弾けばコードの成り立ちや転回時の構成音を理解しやすくなるな、と。

4曲課題曲として載ってますが、
一曲に付きソロギターとアドリブの弾き方が載ってるのもいいですね。

後半に載っている「練習に使えるコード進行」や「最強25人のツーファイブフレーズ」もとても役に立つ内容です。
特に「最強25人のツーファイブフレーズ」はものすごくためになりますので、引き出しとして何個か盗んだほうがいいですよ。

それだけに「最強25人のツーファイブフレーズ」はCDにも入れてくれれば良かったのになぁと感じましたね。

YouTubeを宣伝したいのは分かりますが…。

まとめ

「ジャズギターを始めてみたい!」という方には最適な教則本だと思います。
私も今まで、何冊かジャズの教則本買いましたけど、
突然難易度上がったり、なんの説明も無く謎のコードやコード進行を突き付けてくる本が多かったです。

この本はそんな事なく、順序良くステップアップ出来て本当にまとまってるなと感じました。

正直、3年練習する事を考えたら、もっと内容びっしりでぶ厚くてもいいんじゃないかと思う方がいるかもしれません。(最初そう思った)
でも「コードトーン」「モードスケール」「テンションコード」の構成音をしっかり覚えて、どのキーでもぱっと弾ける様にするだけでもかなり時間使いますからね。(飽きちゃうけど…)

読み飛ばしたりしないで、3年でしっかり基礎を身に着ける気持ちで練習すれば、着実に弾けるようになると思います。

ジャズギターの土台作りには、今一番いい教則本ではないかと思います!

あと、この教則本と合わせて宇田大志さんのYouTubeを見ると本当に為になります。
えっと、教則本と合わせなくても為になりますよ。(言わなくても分かる)

まぁ、結局は教則本を生かすも殺すも本人次第…いや、

あなた次第なのです!!(ビシッ!!)

興味を持ったらぜひ、手に取ってみてください。

ジャズが好きな方には、ジャズ漫画『BLUE GIANT』がおもしろくてオススメです。(突然漫画の押し売り)
読んだことがない方は読んでみてくださいね。

では、また!

レクタングル

レクタングル

関連

リンク

-ギター, 書物, 音楽
-, ,

Copyright© ぷよん家 , 2019 All Rights Reserved.