リンク広告

ももクロ ライブ感想・レポ

ももクリ2017~完全無欠のElectric Wonderland~感想・レポ【SSA】

更新日:

12月13日にさいたまスーパーアリーナで行われた、ももいろクローバーZの冬のライブ、ももいろクリスマス2017、完全無欠のElectric Wonderlandの感想です。

久々に参戦したももクリ!
3年ぶりですね。
雪山でやった2015年と、常夏の冬の2016年は参加できなかったので満を持してのももクリ!
クリスマス感20%ぐらいの、一足早いももクリ!

サクッと感想書きます!

ガンガンネタばれしますので、大阪公演を控えてて楽しみにしている方は見ない方がいいかも!?

※この記事を書いてる最中に大阪公演が終わっていたことをここに書き記しておきます。(書くのが遅いやつ)

それでは、感想行ってみよー!

スポンサーリンク

レクタングル

ももいろクリスマス2017~完全無欠のElectric Wonderland~

セットリスト

オープニング
1.何時だって挑戦者
2.LOST CHILD
3.BIRTHøBIRTH
4.真冬のサンサンサマータイム
5.僕等のセンチュリー
ーMCー
6.天国の名前
7.Wee-Tee-Wee-Tee
8.モノクロデッサン
9.きみゆき
ーサラバ愛しき悲しみたちよ(神保彰パフォーマンス)ー
10.Neo STARGATE
11.Chai Maxx ZERO
12.BLAST!
13.白い風
14.一粒の笑顔で
15.境界のペンデュラム
16.DECORATION
―バンドによるクリスマスメドレー―
17.サンタさん(マジック)
18.猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
19.SECRET LOVE STORY
ーMCー自己紹介
20.ヘンな期待しちゃ駄目だよ…?♡
ーMCー(ゲスト:山寺宏一)
21.夢は心の翼(夏菜子ちゃん、山寺宏一デュエット)
22.行くぜっ!怪盗少女
23.灰とダイヤモンド
24.白金の夜明け
ーアンコールー
overture
25.泣いちゃそう冬
26.空のカーテン
27.今宵、ライブの下で

相変わらずのこのボリューム!!
3時間40分程ありましたかね。
これがアッという間なんだから恐ろしい…。
覚えている範囲で感想を書いていきます。

スポンサーリンク

レクタングル

感想

オープニング

珍しく何処からも八文字コールが聞こえることなく暗転してライブが始まる。
幕の上からシルエットだけぼんやり浮かび上がりバンド演奏が始まる。

奏者が4人いるようだ。

シルエットだけでわからないが、パイナップル頭のパーカッションの人がいるのはわかった。
弾き方でヘイヘイがいるのも分かる。

そして今年はヴァイオリン奏者がいるようだ。

アフロじゃないから葉加瀬太郎ではない。
高嶋さち子だったら、DSを真っ二つにするパフォーマンスが目の前で見れるかもしれない。

それにしても優雅な音楽。
演奏が終わり、恒例のVTR。

さぁ、始まるぞ!
そして…やはりこのテーマ!

しかし、いつもと違ってオ―プニングの曲にアレンジが入ってるのに気が付く。
ライトセーバーを持った5人が登場し、レニーハートの声で一人ずつ紹介される。

推しなんか関係ねぇ!全員の名前を全力で叫ぶのだ!

そして、曲がアレンジされていた理由が分かる。
犯人は「神保彰」だ!
まさか、ここで神保彰のドラムが聞けるとは思いもしなかったので思わず驚いて笑ってしまった。

1.何時だって挑戦者

この一曲目が予想していて当たった方はほぼいないんじゃないだろうか。
奇をてらって「何時だって挑戦者」にしたんじゃないかと思ったが、どうやら違ったらしい。
後に分かるのだが、「田中のまー君が」見に来ていたのだ。
それが大きな理由であろう。
やはりこの曲好きだ。
閉ざされそうな可能性を早くこじ開けたいところだ。

 2.LOST CHILD

今年のAE限定ライブでも久しぶりに披露したLOST CHILDが今ここに再び!
ダンスが素晴らしい。
中盤で「LOST CHILD!!」しか言うとこ無いのになんでこんなワクワクする曲なんだ。
会場中がゴーゴーゴングを鳴らしていた。

3.BIRTHøBIRTH

デジタルなサウンドが続く。
操り人形のようなダンスがカッコいい。

それにしてもオープニングで紹介した神保彰はどこに行ってしまったんだ。

4.真冬のサンサンサマータイム

去年の冬の歌だ。
私は行けていないので、初めて聞くことになる。
この曲は驚くほど聞いていないのだが、さすがヒャダインと言ったところか、全然聞いてないのに覚えてる。
「クリスマス!」のタイミングは外すことはなかったが、「いーやーさっさ」はこんなのあったな…と、一緒に言えなかった事に後悔した。

5.僕等のセンチュリー

この曲大好きだ。
冬のライブでは絶対聞きたいハッピーな曲だ。
ラブ&ピースのコールが楽し過ぎて、そりゃ人魚も血を吐くだろうなーとテンションが上がった。(そんな曲じゃねーよ)

ーMCー

6.天国の名前

今年の冬の曲の一曲だ。
阿久悠さんの未発表の歌詞らしい。
新曲で遠慮なく音程を外すあーりんがかわいい。

7.Wee-Tee-Wee-Tee

ウィーティー!
これはジャンプ必至か!っと思いきや、トロッコ移動。

8.モノクロデッサン

私はこの曲を聞くとじんわり心が温まるのだが、トロッコでメンバーが来たので、手を振る&見とれるで覚えていない。
メンバーが近くに来ると曲の記憶が弱くなるところが難点だ。

9.きみゆき

4人のバンドによる演奏の「きみゆき」。
アコースティックなライブの「白秋」を想起させる。
行ってないけど。
この曲は正直あまり好きではないが、今までで一番良いと感じた。

スポンサーリンク

レクタングル

サラバ愛しき悲しみたちよ(神保彰パフォーマンス)

ここでようやく神保彰の登場だ。
ももクロの5人はいないがフル演奏をしてくれた。
一人で全て演奏しているのだが、その凄さが非常に分かりづらかった。
「ドラムだけ」を映すには最悪な、「正面からだけ(しかも主に顔だけ)」のカメラワークに苦笑い。
演奏のクオリティが高いだけに、凄さが伝わらないカメラワークにもったいないと感じた。

10.Neo STARGATE

オープニングの長いとこも神保彰の演奏。
ダンスがキレる!うりゃ!おい!がウネル!
次元が上昇していくのがわかる。

11.Chai Maxx ZERO

ぎゃー!!!練習練習ひたすら練習!!鬼かっ!
もう楽しすぎる。
踊らずにはいられない曲だ。

12.BLAST!

目覚ましに使っている曲だ。
このノリが最高だ。

13.白い風

ここでアコースティックな白い風。
染みますね。
お麩なのかなってぐらい染みましたね。

14.一粒の笑顔で

私からも一粒の笑顔がこぼれた。

15.境界のペンデュラム

れにちゃんセンターのカッコいい曲。
こんなにかっこよかったっけ?と思うほどかっこよかった。
また聞きたいと思わせてくれた。

16.DECORATION

テンポが遅く感じたが、最高だった。
サビ終わりの自分の「デ・コ・レ・イ・ション」のキレの悪さにキレそう。
韻踏んでみた。(踏めてねーよ)

バンドによるクリスマスメドレー

聞いたことのある定番曲を何曲かを4人ももクロバンドと神保彰で演奏。
「へー、この曲こんな名前なんだー」と思わされた一幕だった。(もう覚えてないけど)

17.サンタさん(マジック)

緊張しているのか、終始噛みまくりだったが、れにちゃんのいいとこは今年も健在だった。
ウーマンボ!!!

18.猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」

猛烈前に、夏菜子ちゃんによる演目、「スターウォーズ風の謎の殺陣」が入る。
スターウォーズがわからない私にとっては、戦ってる時の「音」がよくわからなくて、困惑した。
猛烈の「宇宙感」と、スターウォーズが公開されるからそれに合わせて入れたのだろうか?

後半のライトセーバーを持ってダンス姿はカッコよかった。

19.SECRET LOVE STORY

去年のクリスマスのアルバムに収録してからは、今や気志團万博以外でも聞けるようになったこの曲。
この曲も大好きなのだが、トロッコ移動だったのでダンスはお預けだ。
間奏で、有安さんの足の裏くっつけるようなジャンプ好っきやで。

スポンサーリンク

レクタングル

ーMCー自己紹介

トロッコが近くに止まり、しおりんとれにちゃんを近くにしての自己紹介。
目の前の女性が、ずーっとタオルを全力で手を伸ばして広げるから見にくい。
タオルを広げるのはいいが、人の迷惑になるような範囲で広げるのは是非やめていただきたい。(ただのクレームかよ)
しおりんの「あいうえお作文」で、「うーん?」の演技を本気でやる事にハマっている。(どうでもいい情報)

20.ヘンな期待しちゃ駄目だよ…?♡

こちらも今年の冬のシングルに入っている曲だ。
一度でも聞いていれば、あーりんのセリフの後に「ふー!」と言えたのだが、残念。
ソロコンで楽しみにしたい。
いや、是非是非楽しみにしたい!(しつこいな)
早く聞きたい!(うるせーな)

ーMCー(ゲスト:山寺宏一)

やまちゃん登場。
「おはスタ見てたなー。レイモンド元気かなー。ベッキーいたなぁー。」と感慨深い。

21.夢は心の翼

夏菜子ちゃんの歌がうまい!!
キンキン声だと言われていた夏菜子ちゃんが、こんなにのびやかに歌ってハモるなんて!
かっこよすぎるぜリーダー!
やまちゃんの歌声も素晴らしい。
「とべとべ!」のイントロ聞いた時は白目剥きましたが、始まってみると、とてもいい曲でした。

22.行くぜっ!怪盗少女

ここはもう全力。
何となく直感で分かった。
ここ全力で行かないと余力が残るなって。
だから全力の「あやか!」を発動。(いつも全力だろ)

23.灰とダイヤモンド

色の無いスノードームの世界に非常にマッチしていた。

24.白金の夜明け

この曲泣いちゃうね。
人生に疲れてる方に聞いて欲しいよね。(もはやももクリの感想になってないのだが…)

ーアンコールー

overture

overtureはいつ聞いてもテンション上がる!
私を出棺する時は是非使っていただきたい。

25.泣いちゃそう冬

このダンスが好きなのだが、残念ながらトロッコ。
「うふっふふふ冬」のあーりんの指の動きが見れたからよしとしよう。

26.空のカーテン

カルテットによる演奏が本当に心地よかった。
こんなに澄んだ「空のカーテン」は中々聞けないのではないか、と感じた。

27.今宵、ライブの下で

トロッコでみんなのところに移動しながら大団円。
最後の曲の寂しさもあって、この曲が今までで一番よく感じた。
変なPVの印象をやっと塗り替えた瞬間だった。

スポンサーリンク

レクタングル

まとめ

いやー、久々のももクリ楽しかったですね。

サブステージや花道が無い分、トロッコでメンバーも何度も回って来てしっかり見えましたし。

ただ、トロッコが多いと踊りが減っちゃうのが寂しいです。

この辺は人それぞれ好みがあると思うので、非常に難しい割合でもあると思いますけど。

どの曲か忘れましたけど、乗る前にトロッコが発進してしまって、玉さんとれにちゃんが置いていかれるシーンがありました。

思わず笑っちゃいましたけど、一歩間違えたら大惨事だったなぁっと後から思ってひやひやしました。

少し厳しい事言っちゃうと、セトリに緩急を付けすぎててノリにくいなって感じましたね。

上げては落とすの繰り返しにスイッチを切り替えてついていくのが大変でした。(おじさんだからかなー)

また来年あれば楽しみにしたいと思います!

2週間の無料体験で「ももクロ子供祭り2017」が見れるHuluはこちら!

レクタングル

レクタングル

関連

リンク

-ももクロ, ライブ感想・レポ
-

Copyright© ぷよん家 , 2019 All Rights Reserved.