リンク広告

ギタリスト ギター 音楽

小汚い系テクニシャン「マテウス・アサト(Mateus Asato)」をご紹介!【ギタリスト】

更新日:

どうも、最近ストラトサウンドを求めてYouTube彷徨い系おじさんやってます。
彷徨ってたら素敵な方がいたので、紹介しようかなと。

え?タイトルが失礼ですって?
タイトルに悪意は全く無いですよ!

私は小汚ねぇ感じが好きなんですよね。
ヒゲもじゃロン毛の山田孝之とか、ダイムバックダレル、ザックワイルドとか、臭そうな(失敬)野性味あふれてる感じが好きなので、褒めてます。(念押しで、褒めてます)
好きって言ってもタイプとかそういうのじゃないですからね!!

私も記事を書いてるオススメのアンプシミュレーター『BIAS  FX』を使用して演奏している動画をご覧ください。

スポンサーリンク

レクタングル

Mateus Asato

Mateus Asato(マテウス・アサト)

パッと見日本人に見えますが、ブラジル生まれの日系ハーフです。

1993年12月29日生まれ。
この若さで表現力が凄い…。

9歳でギターを始めて、19歳でプロのギタリストになる決心をします。
その後、ロサンゼルスへ渡米し、Musicians Institute(MI)で2年間レッスンを受けています。
2014年に『 Outstanding Guitar Player of Musicians Institute 』賞を受賞しています。

影響を受けたアーティストにスティーヴ・ヴァイやジョン・ペトルーシの名が挙がるのが面白い。
弾けなくて諦めた結果が、今のプレイに大きく繋がっていると。

特にジョン・メイヤーのプレイに感化され、様々なアーティストを研究して現在の演奏スタイルに。
フィンガーピッキングのスタイルはアンディ・マッキーという人からの影響だそうですよ。

ブルーノ―マーズのバックギタリストとしても活躍。

TwitterやインスタなどのSNSで注目を集めています。

いっぱいあるんで全部貼っておきます。

公式HPはこちら

YouTubeページはこちら

Twitterはこちら

Instagramはこちら

Facebookはこちら

指引きでコードとメロディー弾きながら表現できるの素晴らしいですよね。
インスタにアップする動画は下の動画のような感じが多い印象です。

クリーンなストラトサウンドがたまらねえ!!

ライブの動画もあります。

なんでこんなにオシャレな雰囲気になるんですかねぇ…。

残念ながらアルバムは出していないようです。
フルアルバム聴いてみたい!

一曲だけですが、「Maria」という曲が各サブスクで聴くことができます。
チェックしてみてください。

使用ギター

アサト氏はハイエンドギターブランド『Suhr Guitars(サー・ギター)』とエンドースを結んでます。

suhrの公式HPはこちら

フェンダーカスタムショップのマスタービルダーを務めていた「ジョン・サー」が設立した『Suhr Guitars』。

アサト氏はどの動画を見ても基本suhrを使用していますね。
公式の動画にも何本も出てます。
マテウス・アサトさんのサウンドを聞いて『Suhr Guitars』に興味が出る方も多いのではないでしょうか。

asatoさんのシグネイチャーギターも発売してます。

国内の代理店「オカダインターナショナル」でasatoモデルのギターをチェック!

ブリッジピックアップが「アサトオリジナルカスタム」となってます。
アサトモデルにしか今のところついてないようで、とても魅力的を感じます。
2パターン展開されているようですので要チェックやで!

ゴールドパーツが渋い!

Suhrのギターは高価に感じるかもしれませんが、手に取ればハッキリ分かるほど作りもサウンドもいいです。
一度手に取ってみる事をおすすめします。

テレキャスサウンドもたまらねぇ!!ぐぅ…!
弘法筆を…なんちゃらやで!(ちゃんと言えよ)

使用弦

使用弦はアーニーボール。
現在はパラダイム・レギュラースリンキーを使用。
お高めですが、耐久性・チューニングの安定性に定評があります。

画像の上の方にも写ってますね。

サウンドハウスでパラダイム・レギュラースリンキーをチェック!


以前はレギュラースリンキーを使用していました。

サウンドハウスでレギュラースリンキーをチェック!

使用ピック

現在の使用ピックは『JIM DUNLOP TORTEXの0.73mm』です。
来日ライブにてピックをもらった方から確認しましたので間違いないです。

サウンドハウスの『JIM DUNLOP Tortex Pitch Black 0.73』はこちら

2019年来日時の機材をまとめた記事があります。
興味のある方はこちらもどうぞ。

撮影機材

オーディオインターフェイス

『Universal Audio Apollo Twin』を使用しています。
レイテンシーゼロでハイクオリティなオーディオインターフェイス。
多くのプロの方が愛用しています。

created by Rinker
Universal Audio
¥140,894 (2019/09/21 17:52:13時点 Amazon調べ-詳細)

カメラ

撮っている動画のほとんどは、 キャノンの『EOS 6D』 撮影しているとアサトさん本人が言っています。
Mark2かどうかは分かりませんが、現在キャノン6DはMark2となり流通しております。
アサトさんのように撮影したい方には一眼レフカメラは最適ですので、是非参考にしてください。

追記
※最近はグレードアップしてソニーのa7を使用してるそうです。

スポンサーリンク

レクタングル

オススメレッスン動画

最後に、ギターを弾いている方々のタメになる、オススメの動画を貼っておきます。

こちらはインタビューや特徴的なテクニックレクチャーが満載の動画です。
最初に始まるアドリブから凄さが伺えます。
特に2回し目が素晴らしく「くぅー!」と唸ってしまいました。(2回し目で終わっちゃうけど)

Tim Pierceというおじさんも素敵なアドリブしてます。

48分30秒ぐらいからテクニック講座もやってます。
何種類かやってますので、是非ギターを手にしながらマテウス・アサトテクニックを体験してください!
※ちなみに、この動画は全弦半音下げです。

Tim Pierceさんの動画でもジャムと簡単なテクニックレクチャーをしてます。
4分8秒ぐらいからペンタトニックフレーズが学べます。


こちらも短めではありますが、素晴らしい動画となってます。
この動画では、ダブルストップとフィンガーピッキングのテクニックを学ぶことができますよ。


2019年来日時に『MI TOKYO』にて開催されたセミナーの動画です。
通訳さんを通して日本語で質疑応答が聞けますので、アサトさんの情報が少々得られます。
レッスン感はあまりありませんが、演奏がたっぷり見れますので、是非ご覧ください!

JTC Guitarの教則を活用しよう

海外のサイトになりますが、『JTC Guitar』にマテウス・アサトさんの教則があります。
有料のコンテンツですが、その分内容が充実しています。
JTC Guitarの事は記事にも書きましたので、興味のある方は覗いてみてください。


ということで、以上です。(突然)

では、また!

レクタングル

レクタングル

関連

リンク

-ギタリスト, ギター, 音楽
-,

Copyright© ぷよん家 , 2019 All Rights Reserved.