リンク広告

ギター 書物

【教則本】菰口雄矢の『アドヴァンスド・リード・アプローチ』

更新日:

菰口雄矢さんの『アドヴァンスド・リード・アプローチ~2つの思考から生まれる珠玉旋律70~』の紹介です。

以前紹介した『菰口雄矢流 ぶっ飛びギター・アプローチ~目からウロコの革新 トレーニングメソッド~』がとてもよかったのでこちらも購入しました!

こちらの教則本は『ぶっ飛びアプローチ』に比べてさらにレベルが高い!

テクニカルなギターソロを目指す中級者向けの内容かなと感じます。

スポンサーリンク

レクタングル

アドヴァンスド・リード・アプローチ~2つの思考から生まれる珠玉旋律70~

こちらの教則本は2011年に出版した『ぶっ飛びギター・アプローチ』の4年後に書かれた教則本です。(つまり2015年)

表紙もスッキリした菰口さんとなってます。(大きなお世話)

菰口雄矢さんについてはこちらに書いてますので、興味のある方はこちらからどうぞ。

『アドヴァンスド・リード・アプローチ』は菰口さんが普段から意識しているという「スケールとコードトーンの2つの視点からアプローチする」という事に焦点が当てられています。

菰口流の様々なスケールやアイデアがぎっしり詰まっている一冊。

『ぶっ飛びギター・アプローチ』の流れを汲んでいる部分も多少あります。

「ぶっ飛びギター・アプローチで紹介したあのフレーズ使ってます」ぐらいの感じなので、参考にしなくてもいいとは思います。

が、個人的に『ぶっ飛びギター・アプローチ』はオススメなので、少しでも気になる方は、先に『ぶっ飛びアプローチ』を手にすることを推奨します。

内容

【第1章 マイナー系コード進行】

【第2章 メジャー系コード進行】

【第3章 セヴンス系及び循環系コード進行】

【第4章 部分転調を含む多彩なコード進行】

【番外編 菰口流サウンド・アプローチ】

Have a Break!
Interview #01 セッションに臨むためのプロの準備と心構え
Interview #02 多彩なフレーズの素地となる音楽的背景を探る
Discography 至高の旋律が躍動する菰口雄矢主要作品群
Interview #03 本書の制作作業と2つのアプローチについて語る

この教則本には「35種類のコード進行」に合わせて「70トラック」のアプローチが掲載されています。

基本「8小節が1トラックとなってますので、かなりのボリュームです!

多種多様なアプローチが掲載されており「ロック・ブルース・ポップス・バラード」などなど、バリエーション豊かなコード進行が展開されています。

CDが付属しており、全ての譜例をもちろん菰口さんが演奏!

たっぷり菰口さんのギタープレイが聴けますので、ただ聴くだけでも楽しい一冊!ファンなら買い!

とはいうものの、聴くだけではもったいないので、たっぷりアイデアを盗んでください。(当たり前)

 

フュージョン的アプローチが数多く見られますので、少しおしゃれなフレーズを手に入れたい方には最適。

よりよく活用するために!

気を付けて欲しいのは「理論をある程度理解してないと無駄になってしまうかも」という事です。

スケールやモードを多少理解してないと、覚えたフレーズの使いどころが分からなくて困るかもしれません。

1トラック目から「メロディックマイナースケール」が登場し、4トラック目には「リディアン♭7thスケール」が登場します。

簡単な説明はありますが、理論を全く学んでない方には「弾けるようになっても使えない」という現象が起きるかもしれません。

 

これを機に覚えるのもありですし、コード進行がありますで「このコード進行の時はこの音弾けばいいのね」ぐらいの感じでも充分参考になるとは思います。

菰口さんのオリジナルスケールも出てきますので、まっさらな気持ちで覚えるのもアリでしょう!

ただやはり、理論を学んでから手にすると無駄なく使える教則本かなという印象です。

 

アイデアやボリュームは満点ですので、同じように弾けなくてもフレーズをかいつまんでいくだけで相当アプローチ方法が増えます!

この本のインタビューでも菰口さん自信が「完コピはあんまりしない」とおっしゃってます。

必要に応じて取捨選択していくのも教則本の一つの使い方ですよ。

 

『ぶっ飛びアプローチ』同様、この教則本にも「セッションに臨むためのプロの準備と心構え」や「多彩なフレーズの素地となる音楽的背景を探る」他、機材などのインタビューも掲載されています。

才能の塊の言う言葉がタメになるかは分かりませんが、きっと役に立つと思います…よ。(自信がない)

おわりに

テクニック的にも音楽的にも「もう一つ上のレベルに行きたい!」という方に間違いなく役に立つ教則本です!

万人にオススメ出来る感じではありませんが、菰口さんのセンスを取り込む事で一皮むけたギターソロが弾けるようになるかなと感じます。

では、また!

レクタングル

レクタングル

関連

リンク

-ギター, 書物

Copyright© ぷよん家 , 2019 All Rights Reserved.