リンク広告

筋トレ

筋トレ初心者が自宅で筋トレするのに最適な器具を紹介します

更新日:

今回は、自宅での筋トレに適しているオススメの筋トレ器具を書きます。

世の中には様々な器具があります。

自分の環境や、どんな筋トレがしたいかなど、理想を考えながら読むと選びやすいかもしれません。

ぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク

レクタングル

オススメ筋トレグッズ

ダンベル

まずはダンベル!

自宅での筋トレには欠かせない一品。

どんな部位を鍛えるにもダンベルは最適です。

ダンベル買う時に迷うのが「重さ」ですよね。

1㎏、2㎏ぐらいから始めようと思ってる方は、100均にもダンベルが売ってます。

そちらが一番経済的ですし、始めるには充分です。

「やる気に満ち溢れているぞ!!」という方は、最初から片手で20kgから30kgのダンベルを買うのをオススメします。

人によっては、「えー…無理無理」と思うかもしれません。が、

鍛える種目にもよっては、スグに物足らなくなる場合があります。

あと、買い足そうとすると高い!

重い物は送料が高いです。

さらにセットで買うのが一番安い!

よって、思い切って重めのセットをバシッ!と買うのをオススメしておきます。 

使わなくなっても「最高の重し」として生まれ変わりますしね!(謎フォロー)

少し値段が高くなるのですが、ダンベルのプレートにラバーを付けるタイプのダンベルが個人的にはオススメです。

置く時に床が傷つきにくいですし、音も軽減されます。

下にマットでも敷けばいいだけなので、環境に合わせてお任せします。

ダンベルを使用する際に便利な道具を一つ紹介します。

プレートが落ちないように両端をロックする部分を『カラー』と言うんですね。

クルクル回してロックするのがめんどくさい方・めんどくさいと感じそうな方に「簡単にロック出来るカラー」があります。

プレートを入れた後にこのカラーをスッと入れて、カチっとロックするだけなので、かなりプレートの交換が楽になります。

購入の際は、シャフトの径(太さ)が使用するダンベルに合うか、しっかりと調べてから購入しましょう。

あと、お値は高くなるのですが、可変式ダンベル』というものがあります。

これがめちゃくちゃ便利。

こちらの商品は、ダイヤルを回すだけで瞬時に重さが変えられるダンベルなんです!

ピンと来ない方もいると思うので、動画を貼っておきます。

場所を取らないですし、プレートが散らない、重さが合わなくてまた付け替える手間もいらないなどメリットだらけ!

無駄な時間が無くなります。

「15段階の調整」が効くので、少しずつ重さを上げられるのもありがたいです。

これだけの機能性があってこの値段で買えるのが凄いですね。 

 

ベンチ

次にご紹介するのは「ベンチ」です。

ダンベルだけでも充分筋トレできますが、ベンチがあればより一層いい筋トレが出来ます。

みんなの憧れ、「ダンベルプレス」がやれますしね。(みんなが憧れてるかは知らない)

ベンチにはフラットベンチインクラインベンチがあります。

簡単に言うと角度が変わるか変わらないかという事です。

インクラインベンチは角度が変わるため、フラットベンチに比べてやれる筋トレの種目がかなり増えます。

フラットにもなりますので、全てを兼ね備えてますね。

あらゆる筋トレをしたい方にはインクラインベンチがオススメです。

ただ、デメリットとしては場所を取る!!

広いスペースがあって、置く場所に問題ない方は、迷わずインクラインベンチをオススメします。

部屋が狭い、同居人の圧力で肩身も狭いという方は、折りたたみもできるフラットベンチがオススメです。

ただ、ベンチを使っての筋トレは、そもそもスペースが必要となりますので、それをお忘れなく!

 

腹筋ローラー

私はめちゃくちゃ腹筋ローラーを推してます。

腹筋には絶大な効果があり、全身の筋肉も使用しますので、筋トレにはマストアイテムとなってますね。

お値段が安いのも魅力的です。

一家に一台は欲しい優れものとなってます。

膝をついて腹筋ローラーを試用する際に、膝にほとんどの体重がのるため、膝が痛くなる事があります。

個人的にはマットが付属してる腹筋ローラーがオススメですね。

腹筋ローラーの記事はこちらにもありますので、興味のある方はお読みください。

懸垂器具(チンニングスタンド)

さぁ、最も場所を取る器具のご紹介だ!

チンニングスタンドは「場所を取る!」「高さもあるので天井が低いと無理!」など、環境を選ぶので、なかなか購入が厳しい方が多いかもしれません。

が、もしチンニングスタンドを置ける環境でしたら買った方がいいです。

懸垂は背中のトレーニングに最高にいいんです。

鍛え方次第で、背中の色んな部位に効かせることが出来ます。

何より、回数が出来るようになるのが目標になってモチベーションが上がります。

横のバーで「ディップス」というのがやれるのもいいんですよ。(説明は丸投げ)

最悪、使わなくなっても「最高の衣類干しスタンド」になりますね!(よくみかけるパターン)

チンニングスタンドついて詳しく書いた記事はこちらにありますので、興味のある方はお読みください。

トレーニンググローブ

ダンベルで筋トレするとなると、当然ダンベルを持つ事になります。

どの種目をやるにしてもダンベルを持つことになります。

簡単に言うとずーっと持ってる事になるんですよ。重い物を。

ということは、握力が無くなってくる!(想像以上になくなるよ)

持つ力が無くなってしまうと、どの種目も非常に辛いです。

トレーニンググローブを使用すると、グリップ力が安定するので便利でいいです

豆も防止できます。

冬のダンベルはとても冷たいので防寒としてもいいですよ。

グローブ付けると単純にやる気出ますし!

グローブはサイズ感が大切です。

サイズが合わないと逆にグリップが悪くなるので注意が必要です。

リストストラップという商品もあります。

こちらも握力のサポートになります。

手首とダンベルなどに巻き付けるタイプです。

毎回巻き付けるのが面倒だな…という方には手首に装着して、ダンベルに挟むだけのタイプもあります。

重い重量を扱う時にはとても効果を発揮しますので、必要に応じて購入を検討してください。

懸垂の握力のサポートになるので、チンニングスタンドを購入する際にもいいですよ。

スポンサーリンク

レクタングル

プロテイン

やっぱり筋トレしたらプロテイン!

「初めてプロテイン飲むよ!」という方には「ビーレジェンド」のプロテインをオススメします。

少し変わったネーミングの味を出してますが、評価が高くリピーターも多いです。

ビーレジェンドを飲んだ時は感動しましたね。

「プロテインってうまいやんけ!!」とさえ思いましたからね。

溶けやすさや、たんぱく質の含有量なども優れています。

国内製品で安心ですしね。

amazoとかより、公式で買うのが一番お得だと思います。

なんだかうさんくさいページですが、ちゃんとしてますのでご安心を。(正直な感想言っちゃうやつ)

味なんですが、無難なのはチョコ味です。

甘いのが好きな人にはバナナ味。

これ牛乳で割るとバナナオレになってほんと美味しい。

甘いのが苦手な方は、ナチュラル味やベリベリベリー味。

ベリベリベリー味は、甘ずっぱい「初恋のような」お味になってます。(初恋が甘酸っぱいという意味が分からないけど)

色んな味のお試しパックなどもありますので、自分に合った味を探すのには最適ですよ。

 

まとめ

筋トレ初心者の方には、これだけあれば暫くは事足ります。

「本気でやるぞ!」という方には30㎏のダンベルから始めるのをオススメします。

商品自体が重いので、届いた段階から筋トレが始まるのを覚悟してくださいね!

『ファイティングロード』という所がよくセールをやるので、その時に買うのもオススメですよ。(基本送料抜きの値段なのでしっかり調べよう!)

少しでも参考になったなら嬉しいです。

筋トレは器具を買うとモチベーションが上がります。

怪我には充分気を付けて筋トレを楽しみながら継続させましょう。

では、また!

モチベーションアップの参考動画を紹介した記事もあります。

レクタングル

レクタングル

関連

リンク

-筋トレ
-

Copyright© ぷよん家 , 2019 All Rights Reserved.