リンク広告

おすすめ ギター

抜群の弾きやすさ『Fender American Elite Stratocaster』レビュー

更新日:

Hey Guys!
今日もギター弾いてるかい?(ウザイ入り)

タイトルのまんまですが、『Fender American Elite Stratocaster』を買いましたのでそのレビューを書きます。

バラードですが、私が弾いた動画も途中で載せてますのでお暇な方はどうぞ。

弾きやすいので、なんだかんだめちゃくちゃ気に入ってます!

スポンサーリンク

レクタングル

フェンダー・アメリカン・エリート・ストラトキャスター

ずっとFenderを弾かない人生を送っていたのですが、『Player』シリーズを購入して使ってみたら「めっちゃええやんけ!」と。

その事は記事にも書きました。

薄すぎず太すぎずな『モダンCネック』の握り具合がとても気入りまして。
なんだか異常にフィットするなぁと。
その同じ『モダンCネック』を持つ上位機種が気になったので購入してみました。

プレーヤーシリーズと比べると値段差が結構大きいですからね。
しかも名前がエリーーーート!
「どんだけ優れとんねん!みせてみーや!」ってなもんです。(嫌な奴)

こんなどうでもいい話はさて置いて、次いきましょう。

エリート・ストラトキャスター仕様

細かい仕様は公式でご覧ください。

フェンダー公式のアメリカンエリートのページはこちら

当然ながら全体的に作りがいいです。
いろいろ綺麗に出来てますね。

個人的に気になるところを書きました。
いい所も悪い所もです。

S-1™ スイッチ

押すとくぼむから一目でオンオフが分かるS1スイッチ

S1スイッチの搭載により、全10種類のサウンドが楽しめます。
上の画像のようにボリュームポッドの部分が押せるようになってます。

幅広く音作りができるっちゃできますよね。
この手のタイプのスイッチは本当に使い方次第ですね。
パッと聴き「いらね」と感じる音があっても音作りで化けますもん。

モダン “C” to “D” ネック

『モダンCネック』ではあるんですが、プレイヤーシリーズの『モダンCネック』とは微妙に違います。
ネックヒールにかけてDシェイプの形状になっている、コンパウンドネックシェイプとなってます。

コンパウンドネック関しては、正直なところ弾いててもあまりその恩恵が分かりません。(うとい)
ハイポジションが弾きやすいのは間違いないです。
が、なんせネックヒール&指板のコンパウンド・ラディアスの事もありますので、「この弾きやすさはDシェイプのおかげだ!」とまでは感じないですね。

ただ、やはり個人的に感じる事は「フェンダーのモダンCネックは本当に弾きやすい!」という事です。
自分に合っているなと感じるネックでございます。

プレイヤーシリーズと同じサテンウレタン仕上げでサラッしていて、スムーズなポジション移動が気持ちいい。
Suhrなどが採用している『サテン仕上げ』よりはサラサラしてませんけどね。

コンパウンド・ラディアス

コンパウンド・ラディアスのネック

指板のアールですね。
ローポジ側が小さめのRで、ハイポジ側が大きめのRになっているやーつです。

チョーキングしやすいですし、弦高低めにしてもビビリ・音詰まりの影響が少ないので、コンパウンド・ラディアスに関してはいいところしかないです。

ネックのグリップ感もあるでしょうけど、全体的に弾きやすく感じるのはネック全体が色々コンパウンドしているからでしょうね。

コンパウンド・ラディアス 、好きです。

ネックヒール

丸みが可愛いネックヒール

もちろんこれだけ削られててハイポジションの弾きやすさが変わらないなんて事はないです。
従来のタイプより絶対に弾きやすくなってます。というか大変弾きやすいです。



えーっと…

大変弾きやすいです。

ナット幅

ナット

ナット幅が1.685" (42.8 mm) となっており従来のフェンダーとは異なっています。
従来のフェンダータイプのギターは1.650" (42 mm) ですからね。

最近フェンダーで開発されているモデルほ、ほとんどこの42.8 mmナット幅が採用されています。
細かい話ですが、弦幅の感覚を気にする方は注意した方がいいかな?と。

私はあまり気になりません。
なんならこっちの方が弾きやすいかなとさえ感じていますが。

スポンサーリンク

レクタングル

ポップインアーム

これでいいのか?と感じるポップインアーム

このタイプのアームは初めてでして、取り付け方が分からず少しあたふたしました。
とにかく強く「ぶっ刺す」だけです。

でもこれが怖いです。
「え?え?まじ?こんなに力入れても大丈夫なの?え?え?こわいこわい!こんなに力入れて壊れないの?まだ入らないの?かなり力入れてるのに!うわー!入ったときの反動が怖いよぉぉ!ガコッ!!!」となるぐらい力強く入れないといけません。(私のだけかな…)

慣れれば問題ないですし、力さえあれば取り外しが簡単に出来ますが…あまり便利には感じません。
外すときの方が力が必要で困りものです。

刺した段階でいい感じの硬さに固定されますので、扱いやすいです。
プラプラにして使いたい方は…ググってください。(人任せ)

アームがカタつく…

これは問題点なのですが、アームがカタつきます。

アーミングするとカタカタうるさい。隙間ができているんでしょうね。
音には直接影響が出て無いですが、気になります。
小さい音で弾いてアーム使ったら絶対気になるやーつ。
不良品なのかな…?

とってもマイナスです。

ロック式ペグ

これ無しでは生きられない体となってしまいましたので、ロック式ペグが付いてないとギターは買いません。(わがまま野郎)

弦交換楽すぎィィ!

ノイズレスピックアップ

第4のノイズレスピックアップ

音に関しては整った大人しいやつやなという印象です。
どのポジションもとにかくパンチには欠けます。
S1スイッチで音色豊かなのでいいですけど。

所持している他のシングルと比べると全体的に「優しい音色だな」と感じますね。
柔らかい音です。

ノイズレスというだけあって、確かにノイズは気にならない!
もちろん、ノイズが全て無くなるって代物はないです。
けっこう減っているので使いやすくていい感じ。
プレイヤーシリーズはノイズが気になったので(割とシングル全般だけど)、そこはグッドです。

スポンサーリンク

レクタングル

コンター

大き目に作られているコンター

ボディの加工ですね。体に当たるくぼんでいる部分です。
今までコンターって気にした事なかったんですけど、「あ、なんかいいな」って感じました。フィット感というんですかね。
ボディがスリムに感じますし。

弾きやすさも変わってくるかもって初めて意識しましたね。(遅い)

フェンダー・エリートで撮った動画

『フェンダー・エリート』と『Bias FX2』で動画を撮ってみました。
つまらないアングルですけど、許してにゃん。

エリートステッカー貼りっぱなしィ!

この曲は女性ギタリスト、『Jess Lewis』さんの『Late Night Ballad』という曲です。
このブログでも紹介している『JTCギター』でTAB譜や動画が手に入りますので興味のある方はどうぞ。

最後の部分でアームがカタカタいってますね…。
これなんとかしたい…。

おわりに

最初はチューニングが狂いやすくて「窓からぶん投げたろかい!!」「ジミヘンに燃やしてもらわれたろかい!!」とガッカリしていましたが、だいぶ落ち着いてきて、今じゃ「好き…」です。
好きになるのがかなり遅れたギターでしたね。

コンパウンドやノイズレスでとっても扱いやすいストラトキャスターです。

とても気に入ってます。気に入ってはいるのですが…。
トータルで考えると「定価近くで買うにはちょっと…」というのが本音です。

たまたま安く買えたからよかったんですが、「25万ぐらい払うなら他のギターにするかなぁ…」といった感じです。
昨今はもっと安くていいギターがゴロゴロありますからね。

ただネックは今まででの中でもかなり好きなので、それが見つかっただけでも最高でした。

とにかく一度弾いてみてください。
プレイヤーシリーズが気に入った方には、是非一度手に取っていただきたいですね。
全体的に安くなってきてますので、10万後半ぐらいなら買いかなと個人的には感じます。

サウンドハウスのアウトレット品や、楽天からイケベ楽器での購入がポイントも付いて安く買えます。(商品があればですけど…)
下のリンクから覗いてみてください。

では、また!

サウンドハウスのフェンダー・エリートはこちら

created by Rinker
Fender(フェンダー)
¥277,345 (2019/09/21 23:39:56時点 Amazon調べ-詳細)

レクタングル

レクタングル

関連

リンク

-おすすめ, ギター
-,

Copyright© ぷよん家 , 2019 All Rights Reserved.