リンク広告

DTM

DTMに興味がある人必見!DTMが無限の愛の宇宙だと伝えたい!

更新日:

前回DTMのこと(要は曲作り)を書きました。

あれは私が「DTMをやり始めましたよ!」ってのを書いただけ。

DTMの凄さというか、

「こんなこと出来るんだぜ!こんな事になってるんだぜ!」という事が伝わってない気がするので、それをぜひお伝えしたい!

頑張ればお家でこんな音楽作れるんだよ!と伝えたい!(伝えたい欲が凄い)

スポンサーリンク

レクタングル

DTMってなんやねん

下の動画はDTMは「こんな感じで作業していくよ!」というのが分かりやすい動画ですのでご覧ください。

出来上がっていく過程がおもしろいですよね。

音のクオリティ

「音楽を作りたい!」っと思ってない人には興味ない話かもしれません。

しかし!お家で曲を作れる技術がここまで進んでるんだよという事を知っていただきたいです。

こちらをどれでもいいので聞いてみてください。

オーケストラの曲が聞けると思います。(作業のBGMにもいいですね)

これ…
 

全部の楽器…
 

全部の楽器をですよ…
 

誰も弾いてないんです!!!
 
…。 


最初の動画で察しがついいててあんまり驚かないですかね…。

・言ってる意味がわかんないって方はこのまま続きをご覧ください。

・少しでも驚いたって方もこのまま続きをご覧ください。

・はぁ?知ってますけど!って方はブラウザ閉じて筋トレしてください。(しなくていいです)
 

ちょっとうまく伝えられるか心配ですが行きましょう!(伝えたいのに伝え方が下手)

次はこちらをご覧ください。

こういうことです。(どういうことだよ)

弾いとるやつおるやんけ!!ってツッコミがめちゃんこきそう。(汗)
 

聞こえてる音と同じ楽器を弾いてる人は誰もいないよ!って事なんです。(初めからそれ言えよ)
 

音色が凄くないですか?

鍵盤を弾いてる動画にオーケストラの音付けたんじゃないかって思うほどに。

こんなリアルな音が入ってて、自分で自由に奏でられて曲が作れるんです。

オーケストラの音を再生する音楽ソフトがあるんですよ。

 
例えば、ゲームソフトならゲームができますよね。

そんな感じで、オーケストラの色んな楽器の音色が何千も入ってるソフトが売ってるんです。

その中から好きな音を選んで好きな強弱にして録音して曲を作っていくんです。

そう、それがDTM!

スポンサーリンク

レクタングル

打ち込み

上の動画みたいにリアルタイムに弾かなくても録音して作れます。

DTMでは、実際の楽器を弾かないで録音することを「打ち込み」っていいます。

最初に聞いていただいたオーケストラの音源は、全部打ち込みで作ったデータなんですね。

だから楽器を弾かない人にも曲が作れるんですよ!

わかっていただいてますかね…?(不安)

それとも私が知らなかっただけでそんな驚くことじゃないんですかね…(超不安)

次はこちらを再生ください。


こちらが打ち込みを行った画面です。

アスキーアートでも書いてあるの?って画面に見えますが、

沢山の音色と音階がデータになってまして、それが再生されています。

しつこいようですが、本物の楽器を弾いて録音された音じゃないんです。

大体DTMをやられる方は鍵盤で打ち込んでます。

 

様々な音色

本物の楽器やってた方からすると、リアルさが足りない!とか、本物とは違う!って感じる方がいるかもしれません。

でもここまで音色が近づいてて、この音を使って一人で自由に音楽作れるって凄くないですか?

ドラムやベースやギター…というか、

もうほぼ全部の楽器が弾けなくてもいい!いや、弾けたとしても弾かなくてもいい時代になってたんです!(言い過ぎ)

ギターとベースの音色を貼ってますのでこちらも是非聞いてみてください。
 

こちらはギター!の音色!(のソフトのデモ)

私はギターを弾く人間なんですが、これを初めて聞いた時は驚きました。

何年も前のギターを模した音は「あーはいはいw」って感じだったはずだったんですけどね…。(浦島太郎気分)
 

こちらはベースの音色!(のソフトのデモ)

こちらも初めて聞いた時は弦の振動の感じがリアルで凄いなって笑っちゃいましたね。

他にも色々な音があります。っというかありすぎます。(無い音無いんじゃないですかね…)
 

さりげなく流れてる音楽の楽器が実は人が演奏した音じゃないのに、

「上手な演奏だなー誰だろうなー」なんて思う時代になってきてますよ。

要するに、「みんな!DTMやろうぜ!」という事なんです。(バンドやろうぜ!的な)

音色がここまでリアルになってきてるので、どんな方にも本気の曲が作れます。

もちろん趣味として楽しんでもいいと思います。

絵を模写して楽しむのと同じように、好きな音楽を譜面を見ながら自分でマネして楽しんだり、少しアレンジしたりして楽しめますしね。(著作権には気をつけよう!)

 

最後に

少しはわかっていただけましたでしょうか?
 
DTMが宇宙ってことを!!

※宇宙ではありません。

冒頭でも言いましたが、DTMという名のこんな世界があるんだなぁと、

今はこんな風に音楽が作られてて、楽しめるんだなぁっと、少しでも知って、何か感じていただけたならば幸いです。
 
では、また!

レクタングル

レクタングル

関連

リンク

-DTM
-

Copyright© ぷよん家 , 2019 All Rights Reserved.