リンク広告

ガジェット

初めての電気シェーバーなら「ブラウンシリーズ3」を選ぶのが最適【T字からの卒業】

更新日:

今回は「電気シェーバー(電気カミソリ)」の紹介です。

ヒゲ専用の電気シェーバーのお話ですね。

「なんだって!?電気シェーバーを使った事が無いだって!?今すぐ使うべきだよ!」と、

欧米通販の吹き替えで伝えたくなるぐらい、電気シェーバーっていいんですよ。

私も今使っているブラウンの電気シェーバーが初めてなんです。

それまで、電気シェーバーになんて目もくれずに、T字カミソリでヒゲを剃ってました。

もうT字カミソリに戻れませんね。

それぐらいいいですよ奥さん!(ターゲットが謎)

「まだ使った事ない」「興味あるなー」という方は、ぜひ読んでいってください。

スポンサーリンク

レクタングル

勝手に語る電気シェーバーの思い出

私が電気シェーバーに目もくれなかったのには訳がありまして。

昔の話になるのですが、10代の時に電気屋に置いてある電気シェーバーを試用したんですよ。

そうしたらですね、電気シェーバーで剃った部分が血まみれになったんです。

機械が悪かったのか、使い方が悪かったのか、私のお肌がぴっちぴっち過ぎて合わなかったのか(?)原因は分かりません。

ただ、それを機に「シェーバーは鉄くず!!」という考えになり、興味を完全に失いました。

シェーバーを使ってない方の中には、あまりいいイメージをもっていない方も多いと思います。

昔使ってみたけど「全然剃れなくてダメだった」とか「手入れが面倒だった」とか。(血まみれになるやつはまれ)

しかし、

そんな時代はとっくに終わってるんだ!!

ということを文字を大にして言いたい!いや、書きたい!いや、書いてた!

そして最近はお値段もお手頃です。

私の人生を変えた電気シェーバーをご紹介します。(助走が長い)

ブラウン シリーズ3(BRAUN Series3)


ブラウン シリーズ3 メンズ電気シェーバー 3枚刃 3040s ブルー お風呂剃り可

初めて電気シェーバーを使う方に、この「ブラウンのシリーズ3」を本気でオススメしたいですね。

機能・使用感、共にお値段以上です。

ブラウンシリーズ3』公式ページはこちら

私はこの『シリーズ3』を使用していますが、同じ『シリーズ3』でもっと安い物もありますのでご参考に。

オススメするポイントをサクッと書きます!

『ブラウンシリーズ3』のオススメというか電気シェバ―のオススメが主ですけどね。

顔面に液体を塗らなくていい!

T字カミソリを使用する場合、顔面に「ヒゲを柔らかくする液体」を塗らなければいけません。

電気シェーバーなら顔に液体を塗る必要ありません。

液体塗ってから剃るまでの謎の待ち時間が無くなります。

起きてスグ、目も開いてない状態でも剃れます。(危険です)

無駄な時間と液体の費用も無くなります。

充電がとても長持ち!

これは使用時間によるので、感じ方に個人差が出るかもしれませんが…。

私は1日1回、朝に使用するだけですし、1回に要する時間はわずかです。

それもあって、かなり充電が長持ちします!

これには本当に驚きましたね。

「まだ充電しなくていいの?」ってこっちが心配になりました。

もっと小まめに充電しなければいけないと思っていましたから。

時代は変わってました…。(なんか悲しい…)

防水機能があって、手入れがとにかく楽!

ブラウンのシリーズ3』は防水なので、本体そのまま丸洗い出来てめちゃんこ楽です。

使い終わったら水がある所で「ジャバジャバ」と洗って終わり。(雑だ)

お風呂でも使用可能です!

匂いが気になるときがあるので、私は洗剤などで刃をささっと洗ってます。(推奨されていません)
※洗浄専用のアルコール液などもあります。

最近のシェーバーは安い!

T字カミソリに比べたら高いかもしれません。

が、消耗品の事を考えると結果的に安い!

T字は「顔面に塗る液体」とか「替え刃」も割と高いです。

もちろんシェーバーの刃も駄目になりますけど、ある程度メンテナンスしてれば1年以上は持つようです。

T字カミソリに比べたら全然替えなくていいので、シェーバーの方がお安く上がると私は思います。

持ち運べてスグ使える!

言わずもがな!ですね。

旅行にも持っていけますし、持ち歩いていつでもどこでも使えます。

デメリット

いいことだけではないので、私が感じたデメリットも書きます。

重い

知らない方も多いでしょうからあえて書きますけど、T字カミソリより重いです。

ただ、「重くて腕が疲れる!」というほどの重さはありません。

むしろ大きさに比べたら軽いです。(もう何言ってるか分かんない)

私はデメリットには感じませんが、参考までに。

もみあげ付近は慣れが必要!

T字カミソリに比べて「端っこがどこから剃れるのか!」というのが分かりづらいです。

もみあげ付近になると慎重にシェーバーを使う必要があります。

「もみあげなんてどうでもええねん」という方は心配無用です。(謎の説明)

ちなみに、「きわ剃り機能」というのが『シリーズ3』には付いていたので、細かい部分はそれを使用して処理しています。

というか、もみあげなんて形なんて誰も気にしてないですけどね。(元も子もない事を言う)

T字カミソリに比べたら剃れてない感じもする!

私は気にならない程度にしっかり剃れればいいと考えてます。

楽ちんで、なおかつ時間が短縮される事が優先なんですよ。

「めちゃくちゃサラッサラに仕上げたい!」という方には向いてないかもしれません。

そういう方で電気シェーバーを使用してみたい場合は、上位機種のシェーバーにすれば解消するかもしれません。

上位機種『ブラウンシリーズ7』の記事もあります。

おわりに

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最近の電気シェーバーを使用していなくて、敬遠されている方はぜひ使ってみてください。

驚くと思います。

いや、驚くと思います。(2回目)

他にも様々な機種やメーカーがありますので、ご自身に合った物を探してみてください。

少しでも興味を持っていただけたなら幸いです。

では、また!

レクタングル

レクタングル

関連

リンク

-ガジェット

Copyright© ぷよん家 , 2019 All Rights Reserved.