リンク広告

DTM ギター

【感想・レビュー】ポジティブグリッドの『バイアスアンプ(BIAS AMP)』と『バイアスエフエックス(BIAS FX)』を購入して分かったこと!

更新日:

今回は、BIAS AMPとBIAS FXを実際に購入したので、そのレビューを書きます。

共にstandardです。

ずっとデモ版使ってたんですけどね、ブラックフライデーの時に買いました。セールって怖い…。

いや…ブラックフライデー最高!!

『説明しよう、ブラックフライデーとは米国で毎年11月の第4木曜日に催される感謝祭の事である。大規模な超お得なセールが発動するのでDTMer達の財布が一気に枯れ果てる日なのだ。』

私はたくさんのアンプシミュレーターの記事を書いています。
いろんなデモ版を持っているのですが、結局ギターを弾く時はBIAS Ampを立ち上げる自分がいたので「もう買っちゃおう!」となりました。

デモは途中で音が切れてイラっとしますしね。

スポンサーリンク

レクタングル

BIAS AMPとBIAS FXを買って分かった事

正直な話、BIAS AMPは買う予定じゃなかったんですよね。FXだけ買う予定だったんですよ。

ボーっとしていたのか、間違えて最初にBIAS AMPを買ってしまって「え?え?は?え?は?え?え?」ってパニックになりました。(まじでアホ)

届いたメールにFXの文字が一つも無かったですからね。
しかし、これが想像以上の組み合わせでした。

なぜなら、やはりこの二つは最高の組み合わせだったからです!(間違わないと思うけどみんなも気を付けてね)
その2つを使ってみて分かった事を書きます。

オーソライズ

そんなのありません。
購入してデモ版からログインすれば、ライセンスが認められます。

それだけでデモが解除されますので、とっても楽!!
オーソライズ作業が苦手な人には最適なシミュレーター!(私は苦手)

メトロノーム

FXにメトロノームが付いてると書いてありましたが、やっぱりデモ版と一緒で付いてないです。
サポートを見る感じだと、おそらく、iPhoneやiPad版で使用できる機能だと思います。

アンプ共有

想像以上に簡単でした。
「FXに読み込ませる作業がいるのかな?」と思っていたのですが、

BIAS AMPでアンプを作って保存すれば勝手にFXに入ります。(ファイルが一緒のとこにあればやってくれる)

「TONECLOUD」でダウンロードすると勝手にFXにも入っていきます。

デモ版にあったか覚えてませんが、FXの画面の一番下に[BIAS AMP]のカテゴリがあります。

そこに、BIAS AMPで作ったアンプが勝手に入っていきます。あと、FXからBIAS AMPの方にもアンプが共有されます。

例えば、FXで「TONECLOUD」を使用してプリセットをダウンロードします。すると、BIAS AMPにもFXでダウンロードしたアンプが入ってて使用可能です。

BIAS AMPのアンプセッティングがFXに共有されるのは知ってましたが、逆もあるのは知りませんでした。

TONECLOUD

プロフェッショナルの機材が入っていると、TONECLOUDでダウンロードしても、そのプリセットは使用できません。

しかし、アンプがスタンダードで使用可能なセッティングだと、アンプだけダウンロードされて使用可能です。(プロフェッショナルでしか使用できなアンプはダウンロードされない)

さらに、BIAS AMPにもダウンロードしたアンプが自動で同期します。

めちゃくちゃ楽です。

が、あんまりプリセットダウンロードしすぎると、アンプが勝手に増えていくので、いらない場合は少し面倒ではありますね。
※BIAS AMPを持っているのでアンプだけダウンロードされている可能性もあります。

スタンダードで使える「TONECLOUD」のプリセットを探すのが大変!

TONECLOUDはプロフェッショナルのセッティングがかなり多いです。

試奏して「これええやんけ!ダウンロードしたろ!」とポチッとして使おうとしても、「いやー、それプロフェッショナルのやつだから。お前には使えねーから。アップグレードした方がよくね?(笑)」と言われるのでイラっとします。

あと、「TONECLOUD」でダウンロードする時に、ログインするのが面倒だなって感じてます。

しかも、なぜか一回ではログインできず、二回認証をやらされるのは面倒ですね。(改善求む!)

プリセット選び

プリセットがもっと簡単にかえられたらなぁ…とは思います。
最初は不便だなんて感じてなかったんです。

ただ「OVERLOUDのTH3-FULL」を使ってしまったので、不便に感じているだけの可能性が大きいですけど。

アップグレード

購入後、Positive GridのHPにログインすると、ページのprofessionalの値段が全て変わります。

「あれ!プロフェッショナル安くなっとるやんけ!セールか!」と勘違いして買わない様にしましょう。(欲しい人は買ってもええんやで)

私は今のとこ、professionalにアップグレードしなくても事足りていますので、セールで更に安くなったら買います…かね。(予定は未定)

おわりに

両方買うと、とても充実する事は確かです。間違いないです。

BIAS AMPで作ったアンプをFXでいじると自分の理想の音により近づけますね

個人的には、アンプでどれだけ理想の音に近づけるかが大切でした。
BIAS AMPは必要でしたね。

お好きな空間系をお持ちの方、空間系が必要ない方はBIAS AMPだけで充分です。

最初は正直、やっちまった…っと思いましたが、強がりなしで2つ買ってよかった!って感じてます。(ホントらしいよ)

これ両方ともprofessional買ったら文句ないですよね。きっと。

最高のPojitive Gridライフが送れそうです。

海外でのダウンロードが不安な方や、クレカが使えないって方には、国内正規品のパッケージ版もありますので検討してみてください。

この記事が皆様の参考になれば幸いです。

サウンドハウスのBIAS Ampはこちら

created by Rinker
Positive Grid
¥11,880 (2019/09/21 21:07:35時点 Amazon調べ-詳細)

こちらにBAIS AMP/FXの違いなどをまとめた記事があります。

レクタングル

レクタングル

関連

リンク

-DTM, ギター
-,

Copyright© ぷよん家 , 2019 All Rights Reserved.