リンク広告

おすすめ ガジェット ギター 音楽

【定番モニターヘッドホン】オーディオテクニカの『ATH-M50x』感想・レビュー

更新日:

今回はオーディオテクニカ(AUDIO TECHNICA)のモニターヘッドホン『ATH-M50x』の感想レビューです。

モニターヘッドホンといえばソニーの『MDR-CD900ST』が日本で有名ですが、アメリカでは『ATH-M50x』がかなり定番!

と言うことを、最近サウンドハウスのブログで知りました。(正直だな)

サウンドハウスのブログの記事はこちら

「お!これ、わいが愛用しとるヘッドホンやんけ!感想書いたろ!」という感じで書きます。

モニターヘッドホンといいつつ解像度が良く、リスニングにも向いてるのでオススメですよ!

では、レビューいってみよー!

スポンサーリンク

レクタングル

オーディオテクニカ(AUDIO TECHNICA)ATH-M50x』

『ATH-M50x』を買ったのは結構前なんですよ。

発売して少し経ったぐらいに買ってる気がします。

ヘッドホンを探してて連日電気屋に通ってめちゃくちゃ試聴して購入。

全然知識はないので、完全に音の好みだけで選びました。

 

今みたいに「定番!」みたいになってませんでしたし、定番とかそういうのはどうでもよかったんです。

別にモニターヘッドホンを探してたわけじゃないんですよ。

[予算2万円以内]でとにかく自分が「いいな」と思えるヘッドホンがないか試聴しまくりました。

ちなみに、なぜ予算2万円なのかというのは、『このぐらい払えばラインナップ・能力共に充分かな』ってラインだったからです。

というのも、当時5万円程する定番のヘッドホンを持ってたんです。

なんだか満足いかなくて「2万円ぐらいからそんな劇的に音が変わらんやんけ!」と私は感じていたのです。

それは試聴していても感じていた事でした。

正確に言えばもちろん音は違うんですけど、その差額を実感できて満足できる物じゃないなと。

「10万以上のヘッドホンは世界変わるで!」とよく聞くので、そのぐらい払えばまた別かもしれせんが…。

 

個人的な意見ですが、ヘッドホンに10万円かけるならスピーカーにお金かけた方がいいかな…です。

『人それぞれの環境』がありますから何とも言えませんが、やっぱり体感できる音に勝る物はない気がします。

体に響くのも音楽の一つかなと。(といいつつ、現在スピーカーが使える環境ではない…涙)

 

話が逸れましたね…。

『ATH-M50x』は「モニターヘッドホンなの?」というぐらい低音から高音までしっかり聞こえます。

モニターヘッドホンなので、音的に長時間のリスニングには向いてないかもしれませんが…。

前置きが長くなってしまいましたが、今から音などの感想レビュー書きます。

概要

オーディオテクニカ公式から引用してます。

オーディオテクニカ公式ATH-M50x』のページはこちら。

数値の事は一切分かりませんので割愛します。(割愛という名の逃亡)

型式 密閉ダイナミック型
ドライバー φ45mm、CCAWボイスコイル
出力音圧レベル 99dB/mW
再生周波数帯域 15~28,000Hz
最大入力 1,600mW
インピーダンス 38Ω
質量(コード除く) 285g
プラグ φ6.3mm標準/φ3.5mmミニ 金メッキステレオ2ウェイ
コード OFCリッツ線1.2mカールコード(伸長時約3m)
  OFCリッツ線3mストレートコード
  OFCリッツ線1.2mストレートコード
 付属品:ポーチ、カールコード(着脱式):片出し1.2m
ストレートコード(着脱式):片出し3.0m、片出し1.2m
 別売:交換イヤパッド HP-M50x(BK/WH)、カールコード(着脱式):片出し1.2m(BK/WH)
ストレートコード(着脱式):片出し3.0m(BK/WH)、片出し1.2m(BK/WH)

音の分離が非常にいいです!

全体のサウンドとはしては結構タイトです。

全体的「引き締まった音」という印象ですね。

一つ一つの音の輪郭がしっかり聴こえてきます。

リスニング用を兼ねてるとは言え、リスニング特有の「音の温かさ」や「音場の広さ」はあまりないですね。

それがずっと聴いていると疲れてしまう原因なのでしょうね。

長時間使っていると自然と休みたくなります。

フラットの基準がいまいち分からないのですが、このヘッドホンは結構ドンシャリかなと

ちょっと嘘くさいなと感じるぐらい低音もしっかり鳴ります。

ただ、唸るような低音が欲しい人には物足りないって感じるかもしれませんね。

とはいえ低音は充分聴こえます。

ベースラインがしっかりと聴こえますベーシストにも最適かなと

モニターヘッドホンは荒探しの高域重視な物が多いので、個人的にはこの低音が聴けるのが好きですね。

音の分離具合・一つ一つの音の輪郭の聴こえ具合・ベースラインの聴こえ具合が、この価格帯の中で非常に秀逸です!

装着感

私はとてもフィットするなと感じます。

まぁ結構使って慣れてますので、装着感のレビューは少しあてにならないかもしれません…。(先に言えよ)

程よいホールド感で圧迫感はありませんし、重さもさほど感じません。

重さは感じませんが、軽くはないですかね。

私はメガネユーザーなのですが「ずっと装着してるとメガネの柄の部分がギューッとなって痛い!」というのも無いです。

これもメガネの柄の太さで変わってくるかなと。

長さの調節がスムーズに出来ていいですよ。

いや、よき!(言い換える意味…)

発売されている色

「ブラック」「ホワイト」の二色が基本となってます。

その他にもガンメタリックがamazon限定で購入可能。

限定生産モデルとして「メタリックブルー」「マットグレー」「レッド」があります。

ただし色によって値段が変わっていたりしますのでご注意を。

興味のある方は各カラーをチェックしてください。

ブラックが一番安く買えますね。

赤の折りたたんでる姿がどこか「魔動王グランゾート」思い出します。(いらねーだろこの文)

付属品

1.2mカールコード、3mストレートコード、1.2mストレートコードが付属してます。

好みや環境に合わせて交換して使えます。

コードはヘッドホン側でロック出来ますので、使用中に抜けることはまずないですよ。

別売り品の話

私は一回イヤーパッドを交換してます。

やはりこういう時に思うのは「定番品は付属品が貴重になったりしない」のがいいかなと。

生産中止になってしまうと気に入っていても直せなくなりますからね。

 

再生環境

大きなお世話かもしれませんが、知らない方もいるかもしれませんので書いておきます。

ヘッドホンの力を存分に引き出すには再生環境が大切!

ノートPCなどに直接ぶっさしても聴けますが、ヘッドホンの性能を引き出すには「ヘッドホンアンプ・DAC・サウンドカード・オーディオインターフェイス」などを使用すると音がまったく違ってきます。

性能を引き出すというか、これありきで作られているとこがあります。(ヘッドホンによって違うけど)

物によって据え置きの物・持ち運びできるコンパクトな物など、値段もピンキリ。

それぞれ音も違いますので、色々調べてみてくださいね。(丸投げ)

「高いヘッドホン買ったけど全然よくないやんけ!」という方は、この事を知らないのが原因というのが多いので書きました。

ATH-M50xのワイヤレス版『M50xBT』が登場!

『ATH-M50x』のワイヤレス版『ATH-M50xBT』が登場!

ワイヤレスは一度使うと病みつきなるほど「ストレスフリー」ですからね。

約7時間の充電で最大約40時間の連続使用が可能です。

元々スッキリしたデザインなので、外で付けても全く変じゃないですからね。

高解像度な『M50x』のサウンドを外でも気軽に楽しむ事ができます!

詳細はこちらのページをご覧ください。

サウンドハウスで『ATH-M50xBT』をチェック!

スポンサーリンク

レクタングル

まとめ

私がヘッドホンを選ぶ基準はリスニング用とか関係なく、一つ一つの音をしっかり聴きたいというのが元々あったのかもしれません。

少しでも共感する方は是非試していただきたいなと。

私にとってリスニング用のヘッドホンはあって無いような物なのかもしれませんね。(意味不明)

また久々に色々視聴したら意見が変わるかもしれませんが…。(あるある)

音に関してはどうしても好みがありますから、絶対にこれにした方がいいってのは無い気がします。

が、とにかく、これだけは言えます。

音楽やっててヘッドホン探している方は一度『ATH-M50x』試してみてください!

話はそれからだ!!

 

ビシっと決まったぜ。(ほんとかよ…)

オーディオテクニカが出しているモニターヘッドホンの「Mシリーズ」は他にも色々あります。

是非合わせてチェックしてみてください。

私も上位機種の『ATH-M70x』が気になっているのさ!(言い方)

ポイントが付いてくるのも考えるとサウンドハウスが一番安く購入出来ますのでご参考にどうぞ。

では、また!

サウンドハウスの『ATH-M50x』はこちら!

現在最高に気に入っているヘッドホン、『ATH-A2000Z』のレビューはこちら。

レクタングル

レクタングル

関連

リンク

-おすすめ, ガジェット, ギター, 音楽
-

Copyright© ぷよん家 , 2019 All Rights Reserved.