リンク広告

DTM ギター

【凄かった!】IK multimediaの「アンプリチューブ4(Amplitube4)」について色々調べてみた【アンプシミュレーター】

更新日:

今回はIK multimedia(アイケーマルチメディア)のアンプシミュレーター、Amplitube4(アンプリチューブ)についてです。

IK multimediaのホームページ行けば、素敵な紹介内容がほぼ全部載ってます。
その中で「いいな」と感じた機能などを紹介できたらなと。

アンプシミュレーター探しをしてる方の参考にしていただければ幸いです。

『Amplitube 4 Deluxe』が付属してくるギタリスト用のオーディオインターフェイス『AXE I/O』の記事もありますので、興味のある方はどうぞ。

スポンサーリンク

レクタングル

Amplitube4

Amplitubeってなんだかめちゃくちゃ有名ですよね。
ギターやってて気が付いたら「なんか名前知ってるわ」というぐらい有名。

Amplitubeシリーズの現行品がAmplitube4となってます。

フリー版

Amplitube4のフリー版があります。

完全無料で使える優れものです!

フリー版で使用できるのは、

デジタルクロマチックチューナー
9種類のストンプ(エフェクター)
4種類のアンプ
5種類のキャビネット
3種類のマイク
2種類のラックエフェクト

のみとなっています。

フリー版のダウンロードにはIK multimediaにログインする必要があります。※アカウントが必要になります。(無料)

上のリンク先で『Amplitube custom shop』の「FREE DOWNLOAD」を押します。

次のページでお使いのパソコンのOSに合わせてダウンロードを選択してください。

やっぱりデモ版で体験できるのはいいですね。

スタンドアロンで立ち上げて「custom shop」で色々なアンプ、キャビネット、エフェクターが試奏できるようになってます。

Amplitube4、Amplitube4Deluxe、AmplitubeMAX

Amplitube4は三種類あります。

『Amplitube4』と『Amplitube4Deluxe』と『AmplitubeMAX』。

入ってる内容が違うだけで、機能自体はどれも一緒の様ですね。
「64bit版」しか存在しません。

8トラックレコーダー

これはどちらにも標準で入ってる機能なんですけど、個人的に「凄いな!」と感じた機能です。
※フリー版では2トラックまでしか使用できません。

シミュレーターにこんなん付いとるんかい…。

これはスタンドアロン(Amplitube4単独での立ち上げ)で起動させたときにしか使えない機能です。

練習してる最中にいいフレーズや曲が浮かんだ時に、DAWを立ち上げなくてもスグにAmplitube4で録音できちゃう。

アドリブ練習にもいいですよね。

そして後から録音したトラックをDAWに読み込ませることが出来ます。
切り貼りなどの編集もできちゃう。素晴らしい。

4トラックルーパー

ルーパーもあります。こちらの録音したトラックもDAWにインポート可能です。※フリー版では使用できません。

この2つの機能…DTMもギター練習も捗る事間違いない機能やんけ!

これはDAW使ってる方には少しいじれば理解出来る画面でしょうね。

3Dキャブルーム

こちらもAmplitube4の新たな機能ですね。

なんかもうこれ…ゲームみたい。

録音ルームも選べちゃう!す、凄すぎる…。

一つ一つ設定でどのくらい音の雰囲気が変わるのか気になりますね。

二種類のチューナー

従来のクロマティックラックチューナーにもう一つ、『UltraTuner』というのが付いてきます。(特許申請中らしいよ!)

Amplitubeのチューナーは精度がいいなーって感じたんですよ。

アンプシミュレーターは、見づらくて合わせづらいチューナーを搭載してるのが多いなと思ってまして。(個人的な意見)

精度のいいチューナーが、一つの画面でサッと使えるのはとても嬉しい。

『UltraTuner』という精度の高いチューナーが増えたのは、私からすると凄くポイントになりますね。※フリー版では使用できません。

『UltraTuner』はスマホの無料アプリでも使用できますので、興味のある方はどうぞ。

サイバーな感じがするチューナーですね。(小並感)

Amplitube4

  • 10機種のストンプボックス(エフェクター)
  • 9 機種のアンプ
  • 10機種のキャビネット
  • 29機種のスピーカー
  • 4機種のマイク
  • 2機種のラックエフェクト
  • 2トラックレコーダー使用可能

ストンプボックスというのはエフェクターの事です。

最初に書いたのですが、Deluxe・MAXとの違いは「中身」なんですよ。
こればっかりは、どんなサウンドが欲しいかって事で変わってきますよね。

Amplitubeはカスタムショップで個別でアンプやエフェクターを買い足すことが出来ます。

ノーマルのAmplitube4買って、どうしても欲しいのだけを買い足すというのもありですね。

Amplitube4Deluxe

  • 33機種のストンプボックス
  • 25機種のアンプ
  • 29機種のキャビネット
  • 29機種のスピーカー
  • 12機種のマイク
  • 15機種のラックエフェクト

種類がグッと増えますね。

ノーマルのAmplitube4に種類を足したのがDeluxeとなってますね。

こちらも公式ページを貼っておきますので、内容をご確認下さい。

実際に『Amplitube 4 Deluxe』を使用して感じた事を書きましたので、興味のある方はどうぞ。

AmpliTube MAX

そんなのじゃ物足りねー!!という方にはMAXがオススメ!

このAmplitube MAXは無敵の特豪華版です。(大げさ)

このAmplitube MAXは…なななんと!!!!

300機種以上ものギア・モデル!!

  • 80機種のアンプ
  • 92機種のキャビネット
  • 88機種のストンプボックス
  • 24機種のラック・エフェクト
  • 19機種のマイク

Deluxeから一気に飛躍しますね。
当然、お値段は高くなりますけど。
驚きのラインナップを公式ページでご覧ください。

MAXは他の2つとは大きな違いがあります。

たくさん種類が入ってるというだけじゃありませんよ。

『MESA/Boogie』『Fender』『Ampeg』『Orange』『Soldano』『Carvin』『Engl』『Wampler Pedals』『T-Rex』『Seymour Duncan』『Morley』『Z-Vex』『Dr. Z Amplification』『Fulltone』『Groove Tubes』…

これらの、ブランド公認のサウンドが入ってるからです。

本当に素晴らしいハイクオリティな実機モデルのサウンドが大集合です。
一度体験してみてください、本当に感動しますよ。(私はした)

スポンサーリンク

レクタングル

デモ版を使ってみた

私もデモ版のカスタムショップで試奏しました。トリプルレクチ!※Amplitube3のデモ画面となっています。

もうこのパネルがカッコええやん…。公式認定してないと使えないですからね。

背面もかっこええやん…。これで暖を取りたい…。
背面のブラウン管などの設定も出来ます。

私は実際トリプルレクチ持ってました。

「実機使ってた耳なめんなよ!どんなもんか聞かせてみろや!」って感じだったんですよ!
クリーン弾いた瞬間ね、あ…コノオト…オレ…シッテル…となってウルッとした。
懐かしくて、バンドしてた頃を思い出しました。

凄いです。さすが公認ですね。 

歪みも素晴らしい再現度!
歪と共にテンション爆上がりましたよ。本気で凄いなってため息出ました。

モデリングした音聞いて、鼻で笑ってツバ吐きつけてた時代は終わってました。(性格悪い)
いや、Amplitubeが終わらせてたんですね…。それも何年も前に…。(遠い目)

「で、でもニュアンスとかその辺は、ま、まだまだなんだからねっ!」と言って、悔しさと共にギターを置きました。

MESA/BoogieのMARK IVもよかった!

Fender、Orange、Soldanoやらなんやら沢山弾きましたが、非常に気持ちいい音になってます。
夢中になっちゃいました。

ぜひ、皆さんにも「公認された音」を試していただきたいですね。

最初に、お値段高くなるって言いましたけど、これだけのボリュームが入ってたら逆に安いんじゃないかなー?って感じです。

「実機買ったらいくらすんだよ」って!って思うとね…。
まぁ、そんな事言ってもしょうがないですけど。

参考になるかもしれないので、MESA/BoogieとFenderの音を貼っておきます。(サンプル聞いてるだけで楽しい)

Amplitube MAXに収録されていないギア一覧

「MAXが一番いいんだし、Amplitube MAX買ったら全部入っとるんやろ?」と思ったら大間違いです。

上記にあるギアは使用できません。
上の中にあるギアが欲しい方は、Amplitube MAXを入手しても別途購入が必要ですので、注意してください。

コレクションシリーズ・バンドル

拡張パックみたいな感じですね。

アンプ、キャビネット、エフェクターなどを、カスタムショップで一つからでもダウンロード購入できるんですが、パッケージになってる商品が沢山あります。

Fenderのアンプ、エフェクターなどを集めた「Fender collection」、Ampegのベースアンプシミュレーターが数種類入っている「Ampeg SVX」、ジミ・ヘンドリクスが愛用していた機材が詰め込まれた「Jimi Hendrix™ Anniversary Collection」などなど沢山あります。

カスタムショップで一つ一つ買うと高くなってしまうので、追加で購入するなら、必要なパッケージ品を考えて買うといいですね。

「Jimi Hendrix™ Anniversary Collection」だけのセールなど、バラでもセールをする時があるので、その時が買い時です。(気長に待てればだけど…)

クロスアップグレードについて

これは様々なソフトウェア会社がやってますが、IK multimediaもやってます。

クロスアップグレードというのは「ウチの商品を買った人は、ウチの他の商品もお得に買えるやでー」ってやつです。(説明がくそ)

要は、他社にお客を取られない様にやってるサービスですよね。

クロスアップグレードで結構安くなります。

IK multimediaは、€99.99(ユーロ)以上の商品を買うと、クロスアップグレードの対象者になります。※IK multimediaは「ドル」ではなくて「ユーロ」です。

一度でもIK multimediaで€99.99以上で買うと、回数制限なくずっとクロスアップグレードの対象者です。※クロスアップグレードを受けるには、買った製品の登録が必要になります。パッケージ版でも登録可能。

IK multimediaで購入する際に、お得に買い物が出来るようになります。

クロスアップグレード対象商品の中に欲しい物がある方は、€99.99以上の買い物をしてからクロスグレード商品を購入するとお得になりますので、覚えておいて損はありません。

基本どの商品も「クロスアップグレード」と付く商品は、「クロスアップグレード対象者」しか使えない物です。
「クロスグレード版ってやつがなんだか安いやんけ!!買ったろ!!」とならないよう、購入の際は充分に気をつけてください。

おわりに

調べて実感したんですけど、Amplitube先輩まじすげぇ…でした。
AmplitubeMAX持ってたら他のシミュレーターが要らないんじゃないか、というぐらいのパワーとヴォリュームがありますね。

「ブランドが公認」があるので、やっぱり音のクオリティが高くて凄いなって。
Amplitubeが有名な理由が分かりました。
操作性もよく、安定感とクオリティに驚きましたね。

エクスプレッションペダルを繋げば、ワウやボリュームペダルでさらにAmplitubeを楽しむことができます。

Amplitube MAXのパッケージ版もありますので、海外ダウンロードが不安な方、クレカが使えない方はご検討ください。

created by Rinker
IK Multimedia(アイケーマルチメディア)
¥71,820 (2019/09/22 01:17:02時点 Amazon調べ-詳細)

レクタングル

レクタングル

関連

リンク

-DTM, ギター
-,

Copyright© ぷよん家 , 2019 All Rights Reserved.